留 の 部 屋 の 掲 示 板

(過去ログ)

 

5358 返信 歌手のコンサートやったら     2006/09/12 21:25
  ntoska073181.oska.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp  
  ほとんど一人で歌うか喋るかしはりますね。
私もやっぱり主役はたっぷり聴きたい派です。

先日、噺家さんたちとご一緒の時に「独演会」についての話題になり、噺家さん側の都合をお聞きしてなるほどとは思いました。

つまり、独演会を開催するそれなりの会場を一人で満杯にできる人気と、2時間強を一人で喋り続けられる体力があれば、みなさん「独」演会をされるということですね。(例え一人でやったとしても三味線・鳴り物のお囃子さんたちにはギャラを払わんといかんしぃ・・・)

5357 返信 フツーの独演会 はる     2006/09/12 20:08
  eatkyo06012.adsl.ppp.infoweb.ne.jp  
  みなさま、いろいろな独演会情報、おおきにでした。
どうやら関西のフツーと東京のフツーが違うんですね。
それにしても、野菜炒めまでちがうとは!

管理人さま
私の東京独演会デビューは小三治さんです。
枝雀さんの追悼番組に出てはったでしょ?
枝雀さんが唯一気にしてはった東京の落語家さんて。
そやから、いっぺんどんな落語しはるんかなぁーって思て…

野村さま!
う、う、うらやましすぎ〜〜〜!!

5356 返信 書き忘れ。 伊藤 メール HP 2006/09/12 17:11
  p5132-ipad67osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  >野村さま
書き込みありがとうございます。

>ほんまにええのやろか
ええんです、ええんです。
人間一生分の幸せをその一日で体験されたんですから、
あと残りの人生はもう・・・。
(羨ましすぎるのでいやごとぐらい言わせてくれえ!)

5355 返信 野菜炒めは 伊藤 メール HP 2006/09/12 17:05
  p5132-ipad67osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  肉なしでも肉ありでも構いません。
でも”野菜炒め”とあるからにはたっぷり野菜は入っててほしいですね。

どんな豪華なゲストがあるより主役はたっぷり聴きたい派です、私は。

ちなみにブラック師は未体験ゾーンです。
興味はあるんですが、体験してしまったら今までの自分が
変わってしまうような気がしてあと一歩を踏み出せません(^^ゞ

5353 返信 独演会 がんま     2006/09/11 23:49
  p1015-ipad09yamaguchi.yamaguchi.ocn.ne.jp  
  独演会ってからには、お目当ての噺家さんをたっぷり観ることが出来た方が『独演会』というタイトルに相応しいかもしれませんね。

落語会はたいてい2時間〜2時間半。前座さんや、ゲストの方がたっぷり時間を遣って、主役の方が30分前後の噺を2席、となると、がっかりされるファンの方もいるかもしれません。

僕は、前座さんが軽く一席やって落語の空気を作ってくれる独演会の方が、主役の方に集中できる気がするんですが。

雀三郎師匠の独演会は凄いなあ、と行く度に思います。
主役の師匠はもちろんたっぷり。
歌もたっぷり。
ゲストの方もしっかり。でしたから。

ちなみに快楽亭ブラック師匠はたいてい4席されますね。
『色々な話題が付きまとう師匠だけれど、高座が本当に好きなんだなあ』という、ほのぼのした気持ちになります。落語の内容は『ほのぼの』とは程遠い過激なモノですが(笑)

5352 返信 独演会、東西 仮隠居     2006/09/11 15:57
  softbank220038192149.bbtec.net  
  「野菜炒め」旨い

5349 返信 独演会 ちりとてちん     2006/09/10 19:48
  z162.220-213-92.ppp.wakwak.ne.jp  
  ご無沙汰しております。

さて、私も先日「志の輔らくご」を聴いてまいりました。
今回は、狂言とのコラボレーションで、志の輔さん以外の
出演者が居たとはいえ、落語を演ったのは、志の輔さん一人。
昨年は、志の輔さんが三席されました。
あと、柳家花緑さんの独演会も行きましたが、花緑さんが一人で三席。
他の出演者は、無し。

で、このことを江戸在住の友人に話したところ、
「『野菜炒め』に肉入れる?関西の人は入れるねんけど、
 関東で『野菜炒め』って頼んだら、ホンマに『野菜オンリーを炒めた』
 モンが出てくるねん。
 こっちで、ブタが入ってんの、見たことあれへん。
 せやから、○○独演会っていうのは、「○○さんだけしか出ぇへん会」
 っちゅうことで、野菜だけの野菜炒めと同じ考え方とちゃう?」
という「野菜炒め」に例えた答えが返ってきました。

妙に納得したような、してないような・・・感じなんですが。

5347 返信 ほんまにええのんやろか 野村 三裕 (のむらみつひろ) メール   2006/09/10 01:00
  zaq3d2e351b.zaq.ne.jp  
  兵庫県三田市の野村です。本日(もう昨日ですが)、桂小米朝さんを筆頭に桂米左さん、桂しん吉さんをお呼びして「光円寺寄席」を開催しました。今回で5回目で、毎年盛況になりありがとうございます。毎回、三味線のお姉さんが同行しますが、なんと!本日はおそれおおくも枝雀師匠の奥様でした。寄席後の打ち上げで小米朝さんからご紹介があって、私はもう「機関車、かんてき、網はられ」いやいや、「感謝!感激!雨あられ!!」。三田牛のすき焼きを囲みながら、奥様と差し向かえで枝雀落語の話しに花が咲き、枝雀師匠の本当の姿、小米朝さんからも枝雀師匠の思い出話などをご披露いただき、かってない幸せな時間を過ごさせていただきました。もう、最高!本当に感謝致します。ほんまにええのんやろか!!!!

5345 返信 すんません(^^ゞ 伊藤 メール HP 2006/09/09 19:56
  p6237-ipad25osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  きょとの慌てもんでございまして、
補足ありがとうございます>ひよこさん

>はるさん
東京でロードショーがもしなかったら・・・
ここで感想を書き込んで羨ましがらせてさしあげますのでお楽しみに。

今日、繁昌亭はプレオープンでした。
今日の夕刊では関連記事にかなりの紙面を割いています。
枝雀一門は上方落語協会に入ってないため、出番はありませんが、
でも、やはり、いつでも落語が聴ける定席ができるということには
わくわくします。

>5席してくれはる米朝さんと枝雀さんが少数派?

いえいえ、はるさんが知ってはる独演会の形が”普通”ですからご安心ください。

こないだドラマシティの立川志の輔さんの独演会に行ってきました。
2席でした。(「しかばねの行方」と「狂言長屋」)
一席は狂言とのコラボレーションとはいえ、どちらも1時間以上。
大阪の落語家さんでは考えられないプログラムに度肝を抜かれました。

昇太さんも大阪での独演会では、たったひとりで3席です。

どちらも普通の落語会形式にこだわらず、客としても
落語会に行ったというより、「ライブ」を観に行ったような感覚に
なりますね。

私はあと、東京の他の方の独演会は存じませんが、
はるさんが体験しはった落語家さんはどなたでしたん?

5344 返信 雀々さんの映画・補足! ひよこ     2006/09/09 18:46
  221x250x212x214.ap221.ftth.ucom.ne.jp  
  『かぞくのひけつ』
 十三・第七藝術劇場にて
 12月2日(土)よりロードショウー決定\(^^)/

以上!

5343 返信 Re:雀々さんの映画 はる     2006/09/09 15:19
  eatkyo06012.adsl.ppp.infoweb.ne.jp  
  をを!雀々さんが映画スターに!!
東京でもやってくれるのかなあ…

関西の落語ファンのみなさんはもうすぐオープンする
繁昌亭でわくわくどきどきしてはるんでしょうねえ。

そうそう。
この間、初めて東京の噺家さんの独演会に行きました。
今まで、独演会って米朝さんか枝雀さんしか行ったことが
なかったから、びっくりしてしもてんけど
独演会で、落語を3席しかしてくれはらへんかってん。
前座さん、その噺家さん、中入り、その噺家さん…でおしまい。
えっ、もうおしまい?ってびっくりしてしもてん。
米朝さんや枝雀さんの独演会やったらいつでも5席してくれてはったから。
東京の独演会は誰でも3席がフツーなんかなあ?
5席してくれはる米朝さんと枝雀さんが少数派?
独演会通の先輩方、どなたか教えてやってくださいませ。

5339 返信 雀々さんの映画 伊藤 メール HP 2006/09/08 21:52
  p6144-ipad410osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  ここに書き込むのをなんとなく忘れていましたが、
(え?書いたかなあ?書いてないですよね?)
雀々さん主演の映画が11月に封切られます。
絶対観に行かねば!

映画に関する詳しいレポを見つけたのでどうぞ。ここ。

5338 返信 ★更新情報★ 伊藤 メール HP 2006/09/08 21:48
  p6144-ipad410osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  ずいぶんさぼっていた「一門活動予定」UPしました。
近いところでは、こんどの日曜(10日)吹田さんくす寄席で
雀三郎さんが「らくだ」をしはります。

>伝吉さま
お久しぶりでございます。
太っ腹ですねえ!<大枚2万1千円で「談志百席」

落語に関する本もいっぱい出てるし、
落語CDはアホほど出るし、
もちろん落語会にも行きたいし・・・

宝くじ、一等とは言いません。
とりあえず20万円ほど当たらないかしら。

5337 返信 Re:『談志百席』 第四期/ボーナストラック「家元の芸人五十選」 京の伝吉 メール   2006/09/08 12:50
  p1222-ipbf213kyoto.kyoto.ocn.ne.jp  
  > (33)桂枝雀のこと・その1
> (34)桂枝雀のこと・その2
この掲示を見てから三日三晩気にしながら、ついに意を決して大枚2万1千円で「談志百席」購入。
談志がね、何を語ろが枝雀は枝雀なんですがね。
米朝のあとを継げる、正統的な実力があり、新しい世界にも踏み込むセンスがあって、なにが不足で死に急いだか・・・談志流の毒を除去して意訳するとそんな内容のことをしゃべっておりましたね。

5323 返信 『談志百席』 第四期/ボーナストラック「家元の芸人五十選」 竹本     2006/09/01 00:05
  i58-89-136-236.s04.a027.ap.plala.or.jp  
  (33)桂枝雀のこと・その1
(34)桂枝雀のこと・その2
5310 返信 新作ですか・・・ 馬伸     2006/08/24 21:12
  p3150-ipad02aobadori.miyagi.ocn.ne.jp  
  「茶漬け閻魔」は かみさんとともに はまってしまいましたね(笑)
昨日のカレーが残ってるけど食わんか?には大爆笑ものです。

小佐田作品には 雀三郎師匠ですが「帰り車」(変換がききません
人偏に車)が好きですね。故中島らもさんの 「明るい悩み相談室」・・・までかなぁ
・・・・「牛相撲」ではわけのわからん世界に入ってしまいましたか
ら・・・その昔 三枝師匠の「ゴルフ夜明け前」の全編を見て
(VTRだったかなぁ)体力がいると思いました(決して 面白くないの
ではなく・・長時間 噺を聞くことに体力が要りましたね)

5306 返信 なあるほど(枝雀風に) 太郎作 メール   2006/08/22 21:55
  zaq3d7d6ea3.zaq.ne.jp  
  伊藤様

> 私はその中なら「貧乏神」が特に好きかな(^^)
貧乏神も大好きですが「雨乞い源兵衛」が一番好きです。HNで分かるって?
マクラのアメーバのくだりといい、お庄屋さんの脅しといい、絶品です。
盆踊りの季節になると「お花の盆踊り歌」が口をついて出ます。
「茶漬けえんま」のさらりとしたおもしろさも格別ですな。

ま、それはともかくとして、新作落語についてのご意見ありがとうござい
ました。ちょっと熱くなりすぎて面目ないことでございます。面白くない
古典は淘汰されているわけですから、面白い噺の割合は古典の方が多いの
は当然でしょうね。「新作」がなべて気に入らないわけではないのですが、
有名どころの新作しかテレビでは流されませんのでやはり生で聞かないと、
いけませんね。手近でいろいろと機会がある人がうらやましい。ああ、あ
やかりたいかやつりたい。

5305 返信 新作落語 伊藤 メール HP 2006/08/22 20:46
  p6144-ipad410osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  >太郎作さま

新作はおっしゃるとおりいろいろな形がありますよね。
太郎作さまがお好みなのは小佐田作品(ちなみに小佐田定男×→定雄)
の擬古典ジャンルのようで。
私はその中なら「貧乏神」が特に好きかな(^^)

金語楼さん、圓歌さん、今輔さんは、ほとんど聴いたことがないのですが、
最近の東京の方なら志の輔さん、昇太さん、喬太郎さんの新作落語は
大好きです。

福笑師はいいですよねえ〜。
他にもいろいろ凄い新作をいっぱい持ってはりますよ。
機会があればテレビでなく生で聴かれることを
お勧めします。枕では絶対放送できないこともどんどんでてきますし(笑)
生の迫力で脳みそわしずかみされる快感を味わってください。

また、若手で自作の新作をされるあやめさん、遊方さん、たまさん、など
もお勧めしたいですね。
それこそ”演者さんのキャラクタならでは”の噺をされます。

とにかく「新作はちょっと・・」と思いこんでおられる方には
もっと聴いてみて!と声を大にして言いたいです。

新作だろうが古典だろうがとにかく面白い落語は面白いねん!
(・・・熱くなりすぎ)

5302 返信 早速情報をありがとうございました 太郎作     2006/08/21 23:11
  zaq3d7d6ea3.zaq.ne.jp  
  >伊藤様
「読書の時間」三枝さんの作でしたか。新作も数ありますが、どうもほとんどが落語という表現形態としっくりこないんです。正直に言って。何も今の新作(ちょっと言葉としておかしいかもしれませんが)に限らず、相当前の作品も含めての感じです。金語楼さん、圓歌さん、今輔さんなど(ほとんど生では聞いたことがないですけれども・・・)面白くないではないのですが、少なからず違和感を覚えます。とはいながら、何年か前の紅梅亭で見た福笑さんの「憧れの甲子園」は素直に笑いました。演者のキャラクタと話の内容との関係もあるんですかね。
三田純市さんの「まめだ」とか、枝雀さんが得意にしていた「恨み酒」とかいわゆる新作臭さが全く感じられない噺も多いので、やはり落語という芸との相性が大きいんでしょうね。それにつけても小佐田定男さんの作品はよくできていると思います。枝雀さん演じる小佐田作品は奇跡に近いほど落語としての完成度が高かったのではないでしょうか。

5301 返信 ご感想ありがとうございます 伊藤 メール HP 2006/08/21 12:14
  p6144-ipad410osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  >太郎作さま

先日19日(土)でしたね、チケットはまだあるらしいと聞いてたので
私も心ひかれた会です(結局料金の安さに負けて田辺寄席にしましたが)。

なので、ご報告嬉しいです。

正蔵さんの「読書の時間」は三枝師作です。
「正蔵の日記」に載ってました。
せっかく東京の噺家さんを聴けるんだから、
東京ならではの噺を聴きたいですよね。

あと会場の音声は非常に大切ですね。
やはり落語は年配層が多いですから、聴こえにくいときは
自分の補聴器のせいかといじる方がいらっしゃるので
(補聴器って耳からはずすとピーピーいうんですわ)
他の方にも大変迷惑。

やはり落語はできればマイクもいらないぐらい、
使わなければいけないときでも200〜300ぐらいのキャパの
会場が好きです、私。

またいろいろご感想などお待ちしております。

5300 返信 米朝さん休演の岸和田浪切寄席 太郎作     2006/08/20 23:57
  zaq3d7d6ea3.zaq.ne.jp  
  東西落語会(岸和田浪切ホール)報告・のようなもの
(長くなってすびばせん)

米朝さん他、東西の落語家−ざこば、雀三郎、柳家花録、正蔵、桂歌々志出演予定の東西落語会がありました。泉南界隈ではあまり落語会の機会もないので早々とゲットしました。大人気と見えて配偶者と並んだ席も取れないほど。
開催間近、米朝御大が骨折で入院して出演はなくなったが会はちゃんとありました。大ホールで定員1552だが、当日の入りは8−9割といったところ。小生の席(前から3列目左から9番目、角度が深く高座が非常に見にくい)の周りには若干空席が目立つ。
お客は平均年齢が高くあまりノリはよくなさそうな恐れ。

以下ごく簡単な印象を。見当違いや見解の相違などあってもご容赦ください。

開口一番は歌々志の「子ほめ」。いつも感心するのだが関西の若手は話がしっかりしている。特に米朝一門はうまい。東京の中堅よりもよほどできがよいと思うこともある。後ろで聞いていた配偶者によると、歌々志とざこばしか分からんかったとのこと。

次は東京から花録。まくらで「にほんごであそぼ」のネタをふるがあまり反応がない。そりゃそうだ。70台のじいさんばあさんは見てないだろ。そんなことであまり調子が出ないまま「片棒」に入る。独特の落語センスがもうひとつ発揮されないままで少し残念。配偶者の席は音響の調整がもう一つだったせいで聞き取りにくく、耳慣れない東京弁(彼女は関西人、ちなみに小生は名古屋だでね)のせいもあって全然話が分からなかったそう。彼女の隣の老夫婦は全く反応していなかったらしい。ホールの音響にも責任があるだろう。

中トリ前で雀三郎の「ちしゃ医者」。雀さんは好きな噺家の一人で、マクラも話も面白かったと思うが、これも配偶者の席の周りでは音がこもって『何はなしてるかいっこも分からん』状態だったらしい。前の席でよかった。

中トリは米朝さんの代演で仁鶴さん。米朝さんのことにはふれずに「つぼ算」にはいる。今や長老格の貫禄で、少し話が飛んだのも分からないほどそつのないあがり。配偶者が言うには、仁鶴さんは自分が子供の頃(30年近く前)からあんな風貌としゃべり方でいっこも変わってへんということにいたく感動していた。確かに。

中入り後は正蔵さん。襲名で話題になるまで正直さほど期待していなかったのだが、襲名前あたりから古典も馬鹿にならないという噂で楽しみである。先代彦六の正蔵と同じ「あやめ浴衣」の出囃子で登場。「なりたての正蔵です」を強調して、「こぶ蔵」といわれたとネタをふっていたが、いかんせん岸和田ではあまり受けない。三平を意識して、「こっちからこっち」とか、遅れて入ってきた客に話を向けたり。東京なら、しかも我々の世代なら爆笑だろうが・・・。語り口が私には心地よい。しかし例によって配偶者や隣の老夫婦にはあまり受けていなかった様子。ネタは残念ながら「読書の時間」という新作。初めて聞いた噺だし、帰宅後ネットで調べたが詳しいことは分からず。それなりに楽しい噺だったが、やはり古典を聞いてみたかった。滑舌もいい、笑いのセンスもよいのでこれからもっと面白くなる噺家だろう。三平のネタは我々には懐かしいが、あまり必要ないんじゃないだろうか?

トリはざこばさん。やっと米朝の話題が登場。寝ござで足を滑らせて腰椎圧迫骨折とのこと。早くよくなってほしいものだ。今日からラジオの「よもやま噺」は復活している。録りだめはしてあるんだろうがこの先放送は続くんだろうか?
閑話休題。米朝さんの見舞いの話から、「なんと言っても元気がええですな」と祭りの話題に。ご当地の岸和田祭りについてひとくさり楽しそうに語ってから、「祇園まつり、へぇみたいなもんですな」が面白かった。ねたは「遊山船」。お手のものという感じで面白かった。でもこの噺、落ちが面白くないんですよね。他にも、全体としては面白いが、なんでこんな落ち?という噺が多いと思いませんか?余分な話になっちゃいましたが、噺はお客さん全体によく受けていました。配偶者も「最初と最後だけはよく分かって面白かった」そうです。

5299 返信 夏は掃除でんなぁ〜(何回言わすねん) 伊藤 メール HP 2006/08/20 11:17
  p6144-ipad410osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  タイトルはともかく。

>Cの助さま

おぉ!リーダーはトリで夏らしく怪談話ではありませぬか。
残念ながらヤボ用で伺えませんがご盛会をお祈りいたします。

>山崎さま

む雀さんのサイト、閉鎖されてましたね。

ずっと前にラジオの「米朝事務所です」でこごろうさんが
お見舞いに行って「一緒に行った雀五郎よりはようしゃべってはった」と
おっしゃってましたから、復帰されるのも時間の問題かと
勝手に思ってたんですが、やっぱりしゃべる商売ですもんね、
以前と同じレベルまで戻るのはもっと時間がかかるのかも。

どこで・・・と言われたらやはり所属されてる「米朝事務所」さんしか
ないでしょうが、なんせ病後のことですし個人情報とかのご時勢ですし、
そないに詳しいことは教えていただけるとは思えませんよねえ。

米朝事務所宛で励ましのお手紙などを送られてみたらどうでしょう?

お役に立てないお答えですいません。

5296 返信 第105回高槻オーロラシティ・駅前寄席のご案内 Cの助(噺の会じゅげむ) メール HP 2006/08/19 17:04
  zaq3d2e9947.zaq.ne.jp  
  「噺の会じゅげむ」の定例の寄席です。
<入場無料>ですので、是非ともお越しください。

日時 8月20日(日)午後2時開演
場所 高槻西武百貨店 6階多目的ホール
番組
開口一番(洋酒家巧駆)/バールのようなもの(三流亭志まね)/
狸のサイコロ(花乃家めぞん)/めざせ甲子園(喜怒家哀楽)/
秘伝書(阿遊亭弘遊)/皿屋敷(寿亭司之助)

※会場・番組等の詳細は当会HPをご覧ください。

5295 返信 一寸お尋ねいたします 山崎と申します     2006/08/19 15:18
  air1abq208.ngn.mesh.ad.jp  
  む雀師匠 その後如何されておりますでしょうか
気になっておりますが、何処でお尋ねしたら良いものか。

5292 返信 ★更新情報★ 伊藤 メール HP 2006/08/18 15:01
  p6144-ipad410osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  一門活動予定UPしました。

>茶団子さま
いらせられませ。
エブリ寄席!!くぅ〜私ははずれて家でフテ寝しとりました。
放映情報ありがとうございます。TVを楽しみにしとります。

>tonnさま
いらせられませ。
雀々さんは「さくらんぼ」だったみたいですね。

やはりナマ落語は格別ですよね。
またこれを機会に、忙しいでしょうが、時間をつくって
落語会にお出かけくださいまし。

5290 返信 はじめまして tonn メール   2006/08/17 22:33
  202-71-91-90.ap-w01.canvas.ne.jp  
  8月12日に30数年振りに落語に行きました。米朝一門会、ヒルトンでのもの、気分は高校生時代に戻りました。大学、社会人と。。。ずっと目を伏せてた感があり、感傷的にもなりました。当日は、米朝師匠の登場なしで、雀々さんのを見ました。悪い意味ではなく、枝雀を彷彿とさせ、なにか、懐かしさにこれまた、感傷的になった自分がありました。

落語会を無視し、一生懸命(?)働いたおかげで、枝雀師匠のCDはオークションを通じてたくさん手に入れました(まだ、一部未入手がありますが・・・)。CDの聞き比べをしています。「枝雀落語ライブ」はすべて平成の時代のもの。

ああ・・・この時代のをナマで聞きたかった。高校時代の寝床が、日和ちがいが、鷺とりが・・・みんな全く別物なんですね。

感動し、何か理由は不明だけど、涙しました。勝手に私が思うだけなのですが、ここまで進化したネタをやってしまうと、次の展開に師匠は悩まれたにではないかと疑問視しちゃいました。

思うままに書いていますが、HDDウオークマンには、枝雀師匠のネタを集め、年代順に入れていつも聞き比べています。もっともっと晩年のを入手したいです。

長々と書いてしまいました。また、投稿したいです。よろしく願います。

5286 返信 エブリ寄席 茶団子 メール   2006/08/15 20:35
  58-188-149-161.eonet.ne.jp  
  皆様、はじめまして。
私も皆さんと同じように落語が大好きで、枝雀師匠並びにそのお弟子さんたちが大好きです。今までずっと読ませていただいてばかりいたのですが、是非お仲間に入れていただけたらと思い書かせていただきました。

いつもここで落語会の情報も教えてもらっていたのですが、エブリ寄席のことがのっていたので応募したら、幸運にも当選したので今日行ってきました。
小枝さんが「昔話、子供さんとの小話」、雀々さんが「茶漬幽霊」、ざこばさんが「肝つぶし」、南光さんが「夏の医者」、きん枝さんが「青菜」、そしてカウスさん、雀松さんを加えての大喜利という内容でおもしろかったです。とてもラッキーでした。ありがとうございました。
放映は、8月28日から9月1日とスタッフの人が言ってました。

これを機会に又おじゃましてよろしいでしょうか。
よろしくお願いいたします。

5285 返信 中島らも新刊     2006/08/14 23:04
  ntoska024240.oska.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp  
  枝雀さんについて語った1章があります。
    ↓
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31755759

5284 返信 遅ればせながら 伊藤 メール HP 2006/08/14 08:07
  p6144-ipad410osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  昨日は枝雀師匠の67回目のお誕生日でした。

毎年申しておりますが、偉大な落語家がこの世に生まれてきた日を
お祝いしとう存じます。

5282 返信 なるほど。 伊藤 メール HP 2006/08/11 19:11
  p6144-ipad410osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  小松左京せんせが早口で言うと「枝雀ちゃん」=「しわくちゃ」に
聞こえるわけですな(笑)

5281 返信 しわくちゃ??     2006/08/11 17:43
  ntoska302082.oska.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp  
  小松左京と落語
  ↓
http://www.asahi.com/culture/column/rakugo/rakugoroku/TKY200608100356.html