留 の 部 屋 の 掲 示 板

(過去ログ)

 

2800 返信 「笑わせて笑わせて」最終回 どん底前田     2002/08/01 20:00
  yahoobb228160123.bbtec.net  
  18話で最終回となりました。
毎週火曜の夕刊が楽しみでした。
御生前の頃を知ってる皆さんと違い、ほとんどが
わたしの知らない事ばかりで、枝雀師匠の生涯の
一端を知ることができました。
全部コピ−して 保管しました。 宝物にします。

2799 返信 Re:連載終了「笑わせて笑わせて」桂枝雀の人生(朝日新聞) 伊藤 メール   2002/08/01 08:23
  p0412-ip07osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  > もしかしたら伊藤さんのインタビュー(今どき Internet の時代ですから)
> なんて出てくるかなぁ〜,と期待しておったんですが。

ほんま、ほんま。
上田文世さんからいつインタビューのお電話がかかってきても
ええように、連載中はどこへも行かんとよそいきの服着て
化粧してドキドキしながら電話の前でじっとしてたのに(笑)

ま、それはともかく、
大阪版では白黒のときとカラーのときとまぜこぜでしたが、
最終回はカラーでよかった。
枝雀師の遺影を飾っている花が綺麗に写ってました。

今年ももうすぐ8/13日の誕生日がきます。

私は師の命日よりは誕生日の方を大事な記念日と思っています。
今年のその日はサッカー合宿当番で遠征に行ってますが、
枝雀師のテープは忘れず荷物につめていって遠い神鍋の空の下で聴きましょうっと。

2797 返信 「米朝落語……」は? 甘木     2002/07/29 08:56
  211.4.169.10  
  ↓世紀末亭さんとこのBBSより。

>(再)NHKスペシャル「桂米朝・最後の大舞台」
> 07/29 深00:15〜深01:20 NHK総合(NHK)社会・報道 
>▽人間国宝の至芸▽今語る弟子枝雀の死▽円熟の76歳
>見逃し・録画逃して恨めしい思いの方、最後の? チャンスです。

だそうです。寝苦しい一夜の慰め。

大石静さんがつい最近の週刊誌のエッセイで米朝歌舞伎座落語会の
楽屋見舞に行き「百年目」に感動したことを米朝師匠に伝えたそう
ですが、後日上記のNHKスペシャルを見て自分が楽屋見舞いに行
ったのが「吉朝に聞いて下さい。パクパクパク」直後のタイミング
だったことを知り今更ながら冷や汗ものだったそうですが、大石さ
んも「少々のミスがあっても全体の流れには揺るぎは無かった」と
感じていたようです。

2796 返信 「米朝落語……」は 仮隠居 メール HP 2002/07/25 02:09
  yahoobb228032091.bbtec.net  
  産経新聞をおとりでない方、
産経新聞を購読していても大阪在住でない方、
甘木さん発、産経大阪夕刊の記事「米朝落語……」を読む方法があります。

"ichimy(イチマイ)" http://www.ichimy.com/regist/login.nwc

に登録してキーワードに「落語」をチョイスしとくと
24日付で配信されてました。もちろん無料です。
ついでに、と言うと何ですが連載【こてん歳時記 小佐田定雄】も読めますです。

2795 返信 「米朝落語に魅せられて・・・」 甘木     2002/07/23 23:07
  jnclic-186-11.ppp.justnet.ne.jp  
  ↑産経新聞夕刊 関西笑談 石毛直道さん?

吹田の民博の館長室に桂枝雀さんの肖像画が飾っている理由
とは・・・

2794 返信 「地獄・・・」大流行? ちりとてちん メール   2002/07/23 20:28
  z65.211-9-239.ppp.wakwak.ne.jp  
  御曹司独演会のお知らせを見て、思わずのけぞりました。

 演目・・・地獄八景亡者戯&七段目

「米朝直伝!大ネタに挑む!」とも書かれていました。
9月27日(金)6時半開演、サンケイホールです。

2793 返信 また懲りずに さの字庵 メール HP 2002/07/22 18:23
  z87.61-115-67.ppp.wakwak.ne.jp  
  管理人様、またまた懲りずに上方落語のクロスワード作りました。
今夜23時にアップするので、ぜひ遊んでみてください。
感想待ってます〜。

今回も掲示板あります。

2792 返信 甘木 Res:台風     2002/07/20 22:24
  jnclic-186-13.ppp.justnet.ne.jp  
 
「台風と地獄八景の当たり年だそうですね、今年は。」

というマクラで始まったサンケイの吉朝独演会では閻魔の庁の芸廻し
のところで、志ん朝、枝雀が高座に登場するまでの形態模写を披露さ
れびっくりしました。ナマで「ひるまま」を聴ける機会などもう無い
と思っていましたのでありがたい1ヶ月早いお盆特別企画でした。
ロビーのテーブルに落語会のチラシがいっぱい置いてありましてどう
せ全部行けるわけがないのについつい全部取りたがるのがバイキング
症候群に侵されたの米朝一門ミーちゃんハーちゃんの悪しき習性で、
その中の1枚に9月の「じょいふる寄席」がありまして、詳細は枝雀
一門活動予定をご覧いただくとして、ゲスト出演の桂南光さんの演目
が枝雀さんが後年演じてCD化もされている「義眼」だったのがちょ
っとびっくりしました。帰りしな函館記念の予想をしながらスポーツ・
ニッポンを熟読していましたらTEAM火の車稽古場のオーナーの方
が「今こそ落語番組を!子供の感性育てるのにピッタリ」と題して、
「きっと落語番組の減少が、すぐキレル子供やそんな感性の人間を育
ててるに違いない。」と書いておられ、そこのあなたも共鳴・共感さ
れる部分や思い当たるふしがあるかもしれません。

2791 返信 はじめまして。 蒔子 メール   2002/07/20 08:31
  e158039.ppp.asahi-net.or.jp  
  こんにちは。初めて書き込みます。
ちょくちょく覗いてはいたのですが、落語初心者なので、、、。
そもそも今年の三月、母にねだられ購入した枝雀師匠のビデオ。
気付けば私の方が夢中になっていました。いまでは三歳の娘もすっかり落語好き(最近関西弁でのつっこみをおぼえました)。
6月には雀々祭り(名古屋)に行って来ました。「地獄八景亡者戯」、息が出来ないくらい笑わせていただきました。9月には米朝一門会に行く予定です。

ふつつかものですが、皆様、宜しくお願いします。

先日ANAに搭乗したら、米朝師匠、ざこば師匠の落語が聞けてラッキー!!ちなみに先月は楽太郎師匠でした。

2790 返信 桂枝雀索引書漏 甘木     2002/07/19 21:44
  jnclic-186-17.ppp.justnet.ne.jp  
  わかぎえふ著『男体動物 若旦那に愛をこめて』(講談社文庫)
p.115、p.155

いま急に大滝秀治のモノマネでナゾカケをやりたくなりました。

「本屋のゼンさん」とかけまして「チャンス」とときます。
そのこころは、どちらも「うしろハゲ」


2789 返信 それはえらいひつれいをm(_ _)m   伊藤 メール   2002/07/19 12:29
  p0774-ip03osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  >マメチヨさま。
すいません、歳とると物覚えが悪くなる一方で・・
(都合の悪いときだけ歳のせいにする私)

雀々さん情報、またわかったらお願いします。
せっかく大阪に来はるんでしたら、やはりナマ落語会に行きたいですよねえ。
ご存知とは思いますが、こちらで落語会情報探して頑張って聴いて帰ってください。

2788 返信 よろしくです マメチヨ メール   2002/07/18 23:04
  wall.shueisha.co.jp  
  伊藤さま
すみません、以前に一度だけ書き込ませて頂いていて
ご挨拶も、そこそこになってしまいました。
いつも一方的に、お世話になっております。
宜しくお願いいたします。

さて、雀々さんの「落語のひろば」は東京・内幸町ホールで
11月25日の予定だそうです。(手帳みただけ情報)
チケットも8月中旬に発売。(うろ覚え)
いま、出先なので家できちんと調べて
改めてメールさせていただきますね。
雀々さんの会なら落語を知らない人でも愉しめそうだし
反応に期待しています。ふふふ。

明日から急遽、仕事で大阪に行きます。
なんとか合間を縫って落語に浸りたい…。
じゃないと「おあずけ」のワンコ状態で
却って精神衛生によくない気がする。やきもき。

2787 返信 桂枝雀索引拾遺 甘木     2002/07/18 17:21
  211.4.169.10  
  小谷野敦著『退屈論』(弘文社)p.8、p.60

2786 返信 台風 伊藤 メール   2002/07/18 12:56
  p0155-ip08osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  ちょっと気になったので調べてみたら以下のことがわかりました。

昔は「台風」とは言わなんだ。(「つる」やがな・・・)
日本で「台風」と呼ぶようになったのは明治の末。一般的になったのは更に
あとの大正以後。それまでは「暴風」と言っていたんやそうな。

んで、もっともっと古くなると「野分(のわき)」と言っていました。
(源氏物語にも「野分」の巻ってありますよね)
この「野分」は明治時代になると「木枯らし」の意味に変わってしまったそうですが。

しかし、台風にしても暴風にしても日本の風土に密接な関係があるから
落語に出てきそうなもんやのに・・・ないもんですね。

2784 返信 Re:台風一過 伊藤 メール   2002/07/16 23:15
  p0282-ip03osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  たいふういっか=台風一家(台風のような凄まじい家族のこと)

とこどもが思い込んでいる話はちょくちょく聞きますね。
・・・こどもはね。
30歳近くになるまでそう思い込んでた人は珍しいと思う今日このごろ。
いえ、誰とは言いませんけど。

私にメールくださる方はご注意ください。
いきなり掲示板に暴露される恐れがあります(笑)

そういえば「台風」にまつわる上方落語って思いつきませんねえ。
なんかありましたかいなあ?

2783 返信 台風一過 小川市松     2002/07/16 22:37
  yahoobb228032101.bbtec.net  
  留め長屋の皆様、台風の被害大丈夫でしたか?
わが住む大阪はこれといった被害もなくやれやれです。
昨夜はスワ直撃か?と準備万端怠り無く「どっからでもかかって来んかい!」と叫んで居りましたが有難い事に肩透かし。
来る来る言うてたもんが来えへんかったら,何やしゅーと気がぬけたみたいやね。
台風一過でさわやかな秋が来た  てなわけにはまだいかへんわなぁ。

2782 返信 ええなあ<南光さんの皿屋敷 伊藤 メール   2002/07/16 19:13
  p0176-ip01osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  >マメチヨさま。
はじめまして・・でしたっけ?報告ありがとうございます。

「はやかぶ50回記念」では「皿屋敷をしようと思って稽古してきたんやけど
3回前に出てるネタや言われてやめときます。」って言うてはりました。
南光さんの「皿屋敷」まだ聴いたことないなあ。
・・・ええねん私、「あくびの稽古」好きやから。(ひつこい、ひつこい)

「らくごのひろば」もうチラシ出てました?
雀々さんの会ならば落語初心者さんを連れていっても絶対ウケること
間違いなしですね。ぜひぜひ落語仲間を増やしてくださいまし。

>替わり目
嫁「松本留五郎、松本留五郎って、あんた、ほかに名前無いのかいな。」
留「サカノウエのタムラマロ」

ありましたなあ、そんなやりとり。
嫁「なんでそんな名前知ってるねん!」
とちがいましたかなあ?
枝雀師は自分で工夫を入れて演じながら自分自身楽しんではりましたね。

2781 返信 東京の3人会 マメチヨ メール   2002/07/16 13:53
  wall.shueisha.co.jp  
  こちら出身で関西には仕事でしか行ったことがないので
テレビ・ラジオの情報を「羨まし〜い」と思いながら見ています。
東京でもやって欲しい!!

さて遅ればせながら先週、3人会に行ってまいりました。
ひろばさんが「開口一番」で鉄砲勇介の一部を。
む雀さんが「牛ほめ」。(よく通るお声で大爆笑でした)
雀々さんが「鷺とり」(マクラの時点で隣のオバチャンが
笑って椅子から転げ落ちてました)
南光さんが「皿屋敷」、ざこばさんが「遊山船」。
(夏らしくて、とても嬉しかった)

小さな会場でしたが、まだ席が少し残っていて<もったいない!>
<もっと上方落語を!>と、妙な使命感にかられ
私の上方落語ハマリっぷりに関心をもっている仕事仲間を
11月にある「雀々らくごのひろば」に誘いました。
まさに「わ〜たくしが!」という、いらぬお世話なのですが。

2780 返信 桂枝雀VSエンタツ・アチャコVS西条凡児 甘木     2002/07/15 08:49
  211.4.169.10  
  ワッハ上方演芸ライブラリーで枝雀大全のビデオ『動物園』
(日本語版)を見て来ました。このネタだけ見落としていた
ので、楽しみにしてましたんですが、オチが「わいも1万円
で」というのとは違ってちょっとひねってあったので、ラス
トで思わず拍手しかけて、他のブースにもお客さんがおられ
たので「パチパ・・・」ぐらいで寸止め。ワッハの7月のパ
ンフレットを見ましたら、「殿堂入り名人寄席」の予定が書
いてあり、今回の出演メンバーが桂枝雀、エンタツ・アチャ
コ、西条凡児。

>ほかに名前無いのかいな。

サカノウエのタムラマロ

>長野県

長野県といっても広ろうござんすが、ガラス張りの知事室(桂米朝さん
いわく「幼稚園の園長室みたいやな」)しか思い浮かばない。いやいや、
それより、何より、善光寺があった。

>デュッセルドルフでの日航寄席
>昔の染ニさん

デュッセルドルフですか、懐かしいな〜、留学していたころを思い出す
な〜などというベタでミエミエのウソはさておき、染二さんというと、
TVの大喜利で三味線を弾いてはった頃の「三味線かたげて65年」の
現・染丸さんの顔をやっぱり思い浮かべてしまいまし、染丸さんという
と、やっぱりベッチャ〜としたエビス顔を思い浮かべてしまいます(写
真でしか存じ上げないけれど)

2779 返信 「替わり目」といえば 菊池容子 メール   2002/07/14 10:16
  e-nb3.lcv.ne.jp  
  嫁>松本留五郎、松本留五郎って、あんた、ほかに名前無いのかいな。
って、フレーズ聞いたこと、ありませんか?

2778 返信 ふむ! 菊池容子 メール   2002/07/14 10:06
  e-nb3.lcv.ne.jp  
  なるほど。みなさん、落語を愛してはる。
つまらぬぼけを、ゆうてる場合ではありませんね。
悲しい話しですけど、私は、いっぺんも寄席へ行ったことがありません。
でも、落語(演芸)は大好きです。
今私が、住まいしているのは、長野県です。
演芸に関しては、ほとんど身近にありません。
たまの、テレビの演芸番組といっても、関西系とはちゃうからなあ。
けど、上方演芸は、私の励みですから。
これからも、よろしゅうおたのもうします。

2777 返信 林家染ニさん michi K メール   2002/07/13 23:28
  pd9e24343.dip.t-dialin.net  
  もう五年ほど前になるけど、デュッセルドルフでの日航寄席で
林家染丸、染ニ、うさぎの出演。
はじめて染ニさんの「時うどん」聴きました。その賑やかさに
と面白さにびっくり!

チラシに染丸さんの写真がのってて(全然しらないかなり男前の顔)
本人登場したら、昔の染ニさんで、チラシとは似ても
につかない懐かしい昔のままのお顔で(染丸さん、ゴメンナサイ!))
二度びっくり!




2776 返信 雀三客演 甘木     2002/07/12 22:44
  jnclic-186-28.ppp.justnet.ne.jp  
  林家染二奮闘公演『満開染二座』ファイナル
11月30日(土)午後6時半開演、於:トリイ・ホール
事前発表によると、この日のゲストは「お楽しみ」となっていましたのが、桂雀三郎さんに決定したそうで、他の演者さんの会に色添えに出る場合っていうのは、みなさん手なれた小品をサラリと演じていても、ご自身の会の高座とは別の魅力があるもので。ちなみに9月に東京・大阪で予定されている『林家染二独演会』では、桂枝雀さんの奥さんと小佐田定雄さんから承諾を得た上で(落語界のエチケットだわさ)「さくらんぼ」を枝雀さんの型を参考にして演じはるそうで、独演会のチラシには「爆笑王枝雀の世界に挑む『さくらんぼ』」のフレーズが。

2775 返信 素早い! 植松K メール   2002/07/12 22:22
  nttaich014219.flets.ppp.infoweb.ne.jp  
  こんばんは。伊藤さん、素早い応答ありがとうがざいます。「ええもんはええんですよねえ」そのことを私を含め多くの人々は認めていますよ。理由?簡単です。「人間 前田達」を私たちは受け入れたんです。枝雀さんの生き様と労働の結晶を求めたんです。車で移動中聞きます。「替り目」、「幽霊の辻」などはお気に入りです。でも本当はどの演目も好きです。最近NHKの番組の中で米朝さんが言ってらしたとおり、「芸は人やな」これにつきます。ところで2753で「夢八」が話題になっていましたね。一度 桂小南さんの「夢八」をお聞きください。NHK落語シリーズとかいうカセットに入っていました。1970年代の録音だったと思いますが、大きな図書館か大学の視聴覚ライブラリーにはまだ置いてあるはずですよ。

2774 返信 なぞなぞ ちりとてちん メール   2002/07/12 22:15
  z79.211-9-239.ppp.wakwak.ne.jp  
  穴から出て、穴へ入る。
目にも見えず、手にも触れない。
花園に美しい花を咲かせたり、
雷や稲妻やら落とすこともある。
これは、何?

答えは、「ことば」です。
『米朝・美智子のほろ宵ばなし』の中で国宝が話をされていました。

小林某氏は、国宝がその言葉を発した時の、声の調子や表情を見た上で
あのように書かれたのか、活字になった国宝の言葉を読んで書かれたのか
わかりませんが、私は故人に「花を手向ける」ような言葉やなぁと思てます。

「火が消える」と受けとめはったのには、東京の落語界は何かあるのでしょうか?

2773 返信 明日のラジオ:雀々さんの「地獄八景亡者戯」  伊藤 メール   2002/07/12 17:42
  p0423-ip03osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  書き忘れてましたが、寄席熱目さんとこの掲示板からの情報です。

朝日放送ラジオなみはや亭スペシャル番組として
7月13日 14時から15時30分まで
雀々さんの「地獄八景亡者戯」!1時間8分!ノーカットで放送されるそうです。
(東京有楽町のマリオンにて収録)
電波の入る地域の方はお聴きのがしなきよう。

>植松kさん
いらっしゃいませ、ようお越しくださいました。

>良い落語の力は時代が移っても少しも衰えません。
ええこと言わはる!くぅ〜!!
今日の朝日新聞の夕刊に「上方落語家まもなく200人!」という記事が
載っていて、いちばん新しく入門した10人の方が紹介されてました。
入門の動機が「殺伐としてない落語の世界が好き」とか
「落語の素朴な笑いが好き」とか書いてありましたわ。

なんで落語って好きなん?どこが面白いん?ってよう人に聞かれますが
ええもんはええんですよねえ。
時代が流れても普遍的にええもんはずっとええんです。
(なんちゅう語彙の貧困さや)

2772 返信 枝雀さんのこと 植松K メール   2002/07/12 16:42
  nttaich13169.ppp.infoweb.ne.jp  
  はじめまして。あれから3年半になります。1999年3月、枝雀さん自殺のニュースの衝撃!この掲示板の参加者がこれほど多いという事実がそのショックの大きさを物語っています。1980年頃から私は、もっぱら公立図書館で落語をテープで聞いてきました。米朝さん。そして故人となった枝雀さん、同期の桂春蝶さん、大阪を出て東京で活躍した桂小南さん、江戸前の柳家小さんさん。その録音(ラジオ、テープ、CD)を聞くと今でも思わず一人笑いをさせられます。良い落語の力は時代が移っても少しも衰えません。最近はCDを聞くと「今の自分より若い時、枝雀さんはこれだけの仕事をやったのか!」こんな風にも思います。枝雀一門、そして米朝一門の皆様をこれからも応援します。

2771 返信 おおきに! 菊池容子 メール   2002/07/12 12:57
  e-nb3.lcv.ne.jp  
  今、一所懸命かんがえてます(ぼけを)。
もう少し、みなさんのお話、聞かせてもろうてから(笑わして?)


2770 返信 昨日の南光さんの「お楽しみ」 伊藤 メール   2002/07/12 12:49
  p0042-ip01osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  いやいや、すばらしい会でした。
63年入門の、5人(宗助、文華、わかば、銀瓶、瓶太)の5人でされている
「はやかぶの会50回記念」、大入り満員で5人のはりきりぶりも凄かったし、
ゲストの南光さんのはじけぶりも凄かった。
「放送ちゃうからなんでも言えるわ」と落語会の暴露話(?)など、
後輩に対してがんばれよとばかりに、いつにもましてサービス精神たっぷりに
会場を沸かせまくりました。

・・・でネタは「あくびの稽古」。
ええねん、私このネタ大好きやから。

しかし「お楽しみ」の演目あてを人と賭けるもんちゃいますね。
いくら裕福な私とはいえ、10万円はちょっと痛かった。
もう金輪際博打には手を出さんとこ。
(警察関係の方へ、ウソですよ〜、洒落ですよ〜!)

>菊池容子さま
はじめまして。
たしかにこちらが「松本留五郎」のうちですが、
それは「替わり目」の冒頭ですね?(笑)
なんぞボケたろうと思ってはるんちゃいます?
なんでもご自由に書きこんでくださいね、今後ともよろしゅうに。

2769 返信 「桂枝雀  その人と芸  〜息子から師から弟子から」 雀三連複     2002/07/12 12:38
  3d72fe0a.osaka.meta.ne.jp  
  ↑「ワッハ上方」機関誌第3号(平成14年3月31日)p.15

今年3月の「上方演芸殿堂入り御披露目式」でのトークの一部採録ですので、
応募ハガキが抽選にハズれて行けずに涙を飲んだ人にとっては一読の価値あり。
一時期危ぶまれていた予算が継続してつくようになったのかどうか、こころな
しか誌面も充実してきたようですし、ワッハの演芸ライブラリーを無料で利用
させていただく時に通る、売店ワキのテーブルの上に「御自由にお取り下さい」
で何冊も積まれてあったところを見ると、第1号、第2号の時より発行部数が
増えたみたい。「はやかぶの会」で4階展示室を素通りしてレッスン・ルーム
へ直行された人は「さえずり会」の時にでもついでに4階展示室をのぞいて見
るよろし。

2768 返信 松本留五郎さんのお宅はこちらですかあ? さすらいのジャクサブラー     2002/07/11 22:42
  jnclic-186-70.ppp.justnet.ne.jp  
  ついさっき、NHKラジオの浪曲の時間で「甚五郎、掛川宿」
というのを放送していて、「あ、これ『留の部屋』で酒本さん
がカキコしてはったんと同じタイトルちゃうの。ふ〜ん、こう
いうのんか」と、いつもなら浪曲なんぞ全く興味が無い私です
が、これも皮引きゃ身ぃ〜引くゆうてね。

2767 返信 松本留五郎さんのお宅は・・・・・ 菊池容子 メール   2002/07/11 20:37
  e-nb3.lcv.ne.jp  
  松本留五郎さんのお宅はこちらですかあ?

2766 返信 今日の南光さんの「お楽しみ」 伊藤 メール   2002/07/11 10:08
  p0081-ip06osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  落語会は平日昼間しか行けないはずの私ですが、
今夜は「はやかぶの会50回記念スペシャル」に行てさんじます。
(下でエラそうに夜は出にくいとか語ってへんかったかって?・・・ま、ええやん)

ゲストが南光さんで演目は「お楽しみ」。
この「お楽しみ」というのはわくわく、ドキドキ、はらはらしますね。
前にも言うたような気もしますが、私南光さんの「お楽しみ」は
「あくびの稽古」か「ちりとてちん」になぜかよー当たるジンクスが
あるんです。
今日は何かな♪個人的には「化物つかい」希望。また報告します。

2765 返信 Res:8月末には『四代目桂文我4〜7』を発売予定 さすらいのジャクサブラー     2002/07/11 08:54
  211.4.169.10  
  桂文我さんのCDといえば、定番一席+珍品一席
という楽しい趣向ですが8月末に発売されるCD
に、今年初演されたばかりの『鴻池の犬』も収録
されませんかなあ〜、大融寺でのネタおろしを聞
き逃した身としては切望。それと、イシハラ・ホ
ールでの『小間物屋政談』と『さじ加減』も珍品
の部類として是非CD化を。なぜなら私めの笑い
声も入っているからざます。ぬふふふ。「文我新
聞」によりますと、文我さんは今後、枝雀さんの
持ちネタ・得意ネタをどんどんネタおろししてい
く予定だそうですので、CD化の楽しみも末長く
続きそうで・・・


2764 返信 >反論/そして無視/または意見 伊藤 メール   2002/07/10 14:03
  p0633-ip04osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  >自分の見解では,米朝師匠の言葉の一部だけをとっています。

こないだ新聞で読んだんですがね、
全体の趣旨を見ずに言葉の一部分に敏感に反応する現象が最近多いんだそうです。
これは手紙だと全体を読んだ上で何を言いたいのか判断していたが、
メールの普及のせいで「重要な個所」はどこか判断して、不要と思った
個所は読み飛ばしがちになるからだそうで。

いえ、小林某氏がそうだと言っているのではありません。
ただね、米朝師の言葉は、米朝師を知っている落語ファンが聞けば
「偉大な功績を残した故人に対する尊敬の念をこめた言葉」以外に
とりようがないじゃないっすか。

・・・言葉は大切ですね。
何でも伝えられるし、何にも伝わらないこともある。
大事に使いたいものです。

ゴイノさん、ムカムカして自棄酒飲んだらあきませんよ(笑)
いろんな人間がいて当たり前、いろんな意見が出て当たり前やからね♪

2763 返信 上方落語「一心寺亭」は座り心地最高です(三瓶のモノマネでお送りしました) さすらいのジャクサブラー     2002/07/09 23:19
  jnclic-186-21.ppp.justnet.ne.jp  
  演者・演目など詳細は既に枝雀一門活動記録に掲載され
ていますが、リュニーアル?リニューアルか。一心寺シ
アター倶楽へ本日、早坂暁さんの芝居を見に行ったんで
すが、客席は椅子席ではなくお座り席(OMSスタイル)
でしたが、客席は階段状になってましたので、足を伸ば
して座れますし、自分の前の席にゲホウの市兵衛やG馬
場が座っていて高座の演者の姿が遮られるエコノミー・
暮らす症候群ともオサラバできますので、とっても快適。
寿司詰め感に耐えられず、ナマの落語会はもう辟易コリ
ゴリさという人にも安心してお勧めできる落語会場。

>反論/そして無視/または意見

特定の演者を追っかけて一緒に年齢を重ねて行った人に
とってはその対象が亡くなったら、落語に対する興味や
関心も無くなるに等しいのは当然、というか青春が終っ
たというのか。そうそう他の演者に託するというわけに
もまいりますまい。そういう気分に引き寄せて米朝師匠
発言を解釈なさったんでしょうが、当らずといえども遠
からずという気もします。


2762 返信 。. ゴイノ     2002/07/09 22:52
  cbcnni-11s1p242.ppp12.odn.ad.jp  
  ゴイノで
す.

小林某という比較的有名な評論家,作家が下記のような,
米朝師匠の真意とは思えない発言を書いています.


> 去年、志ん朝さんが亡くなったとき、大阪の桂米朝さんが、
>「東京(の落語界)も寂しくなりますなあ」
>と語っていた。
>先ごろ、五代目小さんが亡くなったときは、
>「(東京の)落語界が小さくなりますなあ」
>と米朝さんは語った。
> 非常に微妙な表現ではあるが、これは<ほぼ火が消える>の意味だとぼくは感じ
>た。
> こう言えば、その世界で生活している業界人は「冗談じゃない、落語界は健在だ」
>と答えるにきまっている。それは、その人の都合であり、<邦画界健在説>と同じ
>ように、一般世間には通用しない。
> だいたい、ぼくより一世代ぐらい上の人たちは、文楽、志ん生が1970年代
>前半に世を去ったとき、落語から離れたのである。そこには可楽(1964年没)
>の名も加えるべきかも知れない。
> ぼくや、ぼくの友人知己たちが、そうならなかったのは、古今亭志ん朝という
>カリスマが存在したからであった。
(週刊文春7月11日号「人生は五十一から」第219回)

自分の見解では,米朝師匠の言葉の一部だけをとっています.

 「 私の履歴書 」でも,あるいはひごろの行動でも
落語の火が消えるなんていうわけありません.


  反論/そして無視/または意見

 お待ちしています.

2761 返信 桂雀三郎 摂津独演会 どん底前田     2002/07/09 15:05
  hrkt016n001.ppp.infoweb.ne.jp  
  今週の土曜日、7月13日に摂津市民文化ホ−ルで
「桂雀三郎摂津独演会」がございます。
演目は・・・

    「子ほめ」  桂 雀五郎
    「青菜」   桂 雀三郎
    「くやみ」  桂 千朝
    「胴乱の幸助」桂 雀三郎
   
    〜 中入り 〜

    ”お笑いコンサ−ト”
    桂雀三郎Withまんぷくブラザ−ズ

    以上です。

   午後六時開場    午後六時三十分開演
   「摂津市民文化ホ−ル」  JR千里丘駅下車 徒歩10分
    前売り一般 2000円   当日 2300円
    (全席 自由)
   (問)0726−35−1406  摂津市民文化ホ−ル

 プレイガイド 摂津市総合福祉会館  0726−35−1406
        ロ−ソンチケット   06−6369−6633
                     (Lコ−ド 53687)
 
  *** こちらのHPの寄席情報のところでも掲載していただいてます。
     (管理人さん、ありがとうm(__)m)
     いよいよ今週ということで書きこみさせていただきました。
     雀三郎さんの落語も見れる、「桂雀三郎Withまんぷくブラザ−ズ」
     のコンサ−トも聴けるという、「桂雀三郎独演会」
     是非、皆様 お越し下さいませ。m(__)m     
  

2760 返信 雀松向上委員会のお知らせ 小川市松     2002/07/09 09:47
  yahoobb228032101.bbtec.net  
  8月6日(火)7時より梅田太融寺   入場料¥1500

雀松さんの勉強会があります。
毎回多彩なゲストが来はります。今回は喜丸さんです。

雀松さんらしいほのぼのした落語会です。どうぞ皆さんおこしあれ!

2758 返信 文我さんのCD情報 伊藤 メール   2002/07/08 16:50
  p3129-ip08osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  APPカンパニー様からお知らせいただきました。

2002年8月11日発売予定『おやこ寄席ライブCD 6巻〜10巻』
ご予約受付中!!

大好評の1巻〜5巻に引き続き1枚3話づつ収録

今回も桂文我が全国各地で子供たちを楽しませた演目の中からよりすぐりの全15話を収録しました。発売をまち望んでいた子供たちのリクエストに応えた、「じゅげむ」や「えんようはく」は『おやこ寄席ライブCD』ならではの演目です。日本語がもつ豊かさ、伝統芸能のすばらしさをご家族で楽しんでください。

『おやこ寄席ライブCD』のお求めは全国書店・レコード店で。店頭にない時はご注文してください。

各2,000円(税別)。5巻セット10,000円(税別)

収録内容

6巻「つる」「はつてんじん」「えんようはく」
7巻「皿やしき」「ぶすけ馬」「うなぎ屋」
8巻「七度ぎつね」「八五郎ぼうず」「もと犬」
9巻「犬の目」「くしゃみこうしゃく」「牛ほめ」
10巻「じゅげむ」「夏の医者」「花色もめん」

※1巻〜5巻も好評発売中

http://www.1nensei.com/rakugo/『一年生どっとこむ』で今月の創作落語がきけます。

ご予約受付中
東京都新宿区矢来町102 蒼鷹社ビル2F
TEL:03-3268-3411
FAX:03-3268-3414
[email protected]
[email protected]


また、8月末には『四代目桂文我4〜7』を発売予定ということです。

以上お知らせでした。ぴんぽんぱんぽん〜♪

2757 返信 ReReReのReのRe:上方演芸特選会 michi K メール   2002/07/07 21:50
  pd9e241e3.dip.t-dialin.net  
  懐かしい名前も一杯でよだれの出そうなプログラム!
後ろ面って珍しい芸ですねえ!僕はここで服と面を
後ろ前、はっきり別人になってパントマイム様で演じるのを
かな〜り前にテレビで見たことあります。
暁照夫さんの三味線聴きたい。宮川左近ショウの時から大好き!
浪曲といえば、昔神戸国際劇場で新春寄席があった時、米朝師も
出てはったのに、僕マクラのところしか記憶にないんです。(もったいないこっちゃ!)
記憶に残ってるのは、梅中軒鴬童師の、あれ〜〜が〜、き〜のく〜〜に〜
みかん〜〜〜ぶ〜ね〜〜、と三亀松師の艶談。

しかし、みんなエエ事してはるなあ〜〜〜!(フーため息!)

2756 返信 ReReReのRe:上方演芸特選会   甘木     2002/07/07 17:22
  jnclic-186-67.ppp.justnet.ne.jp  
  ルーキー新一さんの往年のギャグ「イヤ〜ン、イヤ〜ン」の
しぐさをしながら「管理人さんばっかり至芸を堪能して、い
たく感激しはってからに。ズッコイやんかいさ」とヘンネシ
を起こしてる「ろうにゃくにゃんにょ」の皆様へ蛇足情報。
国立文楽劇場での上方演芸特選会は9月以降にも下記のスケ
ジュールで開催されます。

?11月27〜29日
?来年3月5〜9日

ニワカ隠居を気取って「痺れるような退屈を楽しむ」(阿佐
田哲也さんのお言葉)という心算で平日の昼のひなかから、
漢方薬のような雑芸に触れる悦びは何ものにも、今だに目に
することない2千円札にも換えられません。


2755 返信 ありがとうございます 伊藤 メール   2002/07/07 09:48
  p0745-ip04osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  さすが酒本さん!ご教授ありがとうございます。

来月は9/4(水)〜9/6(金)、同じく国立文楽劇場小ホールにて、
浪曲:春野ココ、曲芸:揚野バンリ、落語:笑福亭竹林、漫才:酒井くにおとおる、浪曲:京山宗若、奇術:帰天斎正紅、落語:桂福団治
のラインナップです。

ナマで聴くと浪曲も面白いし、講談、文楽、歌舞伎・・・どれもハマれば
抜けられないような魅力に満ち満ちていますが、今のとこ伊藤家は私が守備範囲を
広げると、家庭崩壊につながる恐れがあるので、たまにの楽しみにしておきます。
しかし!こんな素晴らしい伝統芸能のある日本によくぞ生まれけり・・と思う
今日このごろです。

2754 返信 京山福太郎さんのネタ 酒本 賢史 メール   2002/07/06 22:51
  k188218.ppp.dion.ne.jp  
  京山福太郎さんのネタは甚五郎シリーズのうち「掛川宿」です。
お父さんの幸枝若師のネタです。

同じシリーズの「竹の水仙」は落語にも移されていますねえ、
上方で演じる人は皆大なり小なり幸枝若師の影響を受けてはります。

2753 返信 上方演芸特選会 伊藤 メール   2002/07/06 21:00
  p0291-ip06osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  正直、了見の狭い落語ファンの私としては落語以外は食指が動かんなあと
思っていたのですが、露の五郎師が「夢八」を演ったという噂を聞いたもので、
雀々さんの「夢八」と聴き比べてみたいという好奇心がおこり、
主婦にとっては、「平日昼間」というまことにありがたい時間帯の会でもあるし
枝雀一門とは全く関係ないですが、金曜日の昼間国立文楽劇場小ホールまで行ってきました。

当日の出し物は、
●笑福亭鶴ニ「道具屋」
 (林家染左さんと日替わり出演、染左さんはお茶子してはりました)
●大塚珠代「玉すだれ」
 お客さんを舞台にあげて客席と一緒に楽しいお遊び。
 お客さんの使い方というかいらい方が実にええほど加減。
●笑福亭仁嬌「替わり目」
●漫才「はな寛太いま寛大」
●漫才「横山 たかしひろし」
●漫才「暁 照夫光夫」
 わかってはいても二人の三味線のセッションはやはりすごい。大拍手。
 中入り
●浪曲「京山福太郎」
 (演目わかりません:左甚五郎と狩野探幽がひとつ宿に泊まる話です)
 浪曲ってまともに聴くのははじめてでしたが・・・面白いもんですね。
 福笑師の「浪曲やくざ」がついつい思い浮かんでしまいますが。
●後ろ面「小松まこと」
 着物を後ろ前に着替え面を後ろにつけて後ろ向けに踊る・・だけの芸(笑)
 昔テレビで見たときは本当に前向きに踊っているように思ったんですが、
 う〜ん・・・歳いかはりましたなあ、とにかく古い珍しい芸でした。
●露の五郎「夢八」

平日の昼間にもかかわらずお客さんの入りは8割ほど。
新聞屋さんからの招待券もあるわけではないのに、
2000円の料金でこの入り具合は立派やないでしょうか。
お客さんは、やはり年齢層はかなり高め。
定年退職なさったぐらい以上の年配の方々ばかりでした。

で、このプログラムが実によかったんです。
落語なら、落語。演芸なら、演芸で、絞ったほうがええんでは…と
観るまでは思っていたんですが、落語ばっかりでは、これほど
お客さんは入らんでしょう。
(あの場にいたおっちゃん、おばちゃんたちは落語ファンばかりではないはず)
漫才・イロモノと落語がほどほどにはさまってるのがよろしい。
しかも落語にしても持ち時間が割合たっぷりあるので、
うだうだと小話だけで終わるという消化不良の高座でもなかったです。
鶴二さんも仁嬌さんもお客さんの反応見ながらマクラもたっぷり、
ネタもじっくり演じてくれました。
1時開演で中入りは10分、終演は4時過ぎでした。

そしてまたあとで述べますが五郎師の高座が素晴らしかったんですわ。

漫才もベテランぞろい、芸もしっかりした方ばかりで懐かしさもまじって大満足でした。
こんな楽しみの場はやはりお年寄りに提供したげないとあきませんわ。
今は落語会や落語の勉強会は昔に比べたら増えてきてはいますが、
お年よりは夜は出にくい人が多いやろし、しかも勤め人さんにあわせて
7時以降の会なんか・・寝る時間ちゃう?(笑)
ほんで、あの年代の方はイロモノ・漫才も一緒の方が楽しいと思います。

で、五郎師ですがマクラで、この会を始めた趣旨についてこう言うてはりました。
「道頓堀には昔は五座がありましたが、すべて閉館となり、
定寄席がなくなりました。これは若手の勉強の場がなくなったということなんです。
小松まことさんの後ろ面のような珍しい芸も見ておくべきなんです。
古い芸はぜひ若手が見るだけでも見とかなあかんのです。」と熱弁。

今まで昼に定寄席があったら主婦としては行きやすいなあと
漠然と思っていたのですが、五郎師が「若手の勉強の場」として必要だと
言わはったことは目からウロコで感動しました。

で、「夢八」。
「わしの芸をよう見ておけ」とばかりの気迫のこもった高座でした。
割木を叩く力は雀々さんのように強くもないし、汗だくになるわけでもない。
しかし視線ひとつ、仕草ひとつで落語の世界に引き込むパワーがすごい!
すごいオーラがでていました!
真っ赤な毛氈、後ろには金屏風の明るい高座なのに、暗い狭い長屋の中、
ろうそくの灯りだけがたよりのうす暗い部屋に入り込んでしまいました。
おなおはんの炊いた高野豆腐と、小石が混じってるような素朴な大きなにぎりめし。
白目むいた首吊りの気持ち悪いけどひょうきんな表情。
五郎師の言葉、仕草で客席が息をとめたり溜息をついたり。
気持ちよく翻弄されて、私途中からあまりの名人ぶりにぼろぼろ涙出ました。

幕が降りたあと、座席を立つお客さんは口々に「面白かったなあ」
「皆うまかったなあ」と満足気でした。

お勤めの方は見られない時間帯の会で気の毒ですが、
この時間帯でしか足を運べない人のためにターゲットをしぼった
セピア色の上質な演芸会で大成功だと、私は思いました。
今後も試験的に続けられるそうですが、
ぜひ大入り満員を続けて定寄席発足にいたってほしいものです。

夜の落語会はお年よりもやけど主婦も出にくい。
ほんまは平日昼間の落語会がいちばん嬉しいですが、
今現在、落語だけでは集客がむつかしいのはわかりますんで、
「演芸・落語」まぜこぜでええですから定寄席希望です、私は。

2752 返信 Re:『天満人(てんまびと)』創刊号発売 河童のガタロ メール   2002/07/05 22:35
  izms011n014.ppp.infoweb.ne.jp  
  ママチャリ日傘満開さん←名前で大笑いしました。街で見かけるおばちゃんのすがたが、目に浮かぶ〜〜
本文と関係なくて、ごめんなさい。

2751 返信 『天満人(てんまびと)』創刊号発売 ママチャリ日傘満開     2002/07/05 21:14
  jnclic-186-57.ppp.justnet.ne.jp  
  巻頭インタビュー:桂南光さん
特別インタビュー:中川きぬ子さん

一方、『日経エンターティメント』の「雨上がり決死隊」
インタビューには、どアタマの部分にほんのチョッピリ、
0.1mgぐらいですが、桂枝雀さんのことがチラリホラ
リ。


2750 返信 お花さん結構でんなぁ 小川市松     2002/07/03 14:13
  yahoobb228032101.bbtec.net  
  落語聞いてご馳走たべて、ええ景色見て極楽やね。
紀州南部といえば梅干し
ホテルのディナーは梅干しのフルコースやったりして。

ちなみに紀州南部は枝雀夫人枝代子姐さんの故郷ですってね。

2749 返信 大阪人は宿替えでっせ〜 甘木     2002/07/03 12:19
  211.4.169.10  
  月刊「大阪人」最新号(特集・天神祭)小佐田定雄さんの
「言の葉寄席」は早くも連載第2回目「宿替え」の巻。噺
の背景である長屋生活を写真を交えて解説。OSAKA生
涯学習情報誌「いちょう並木」6月号にダイアン・オレッ
トさんの英語落語に関する長めの記事で、1995年当時、
外国人のお茶子さん(ラウンド・ガール)を探していた桂
枝雀さんとの出会いなど。

2748 返信 豪遊でんなあ 伊藤 メール   2002/07/02 15:02
  p0050-ip04osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  お花はん、情報ありがとうございます。
さっそく「活動予定」にUPさせていただきました。
お書きのとおり、南光さん・雀々さん・雀松さんの他には
こごろうさんの似顔絵も載ってましたね。

たしかに「南光一門会」やったら南光さんとこごろうさんだけですやんね(笑)

ホテルのディナーショーたらゆーもんはとんとご縁のない私。
「貧乏暇なし」ならぬ「貧乏暇はイヤっちゅうほどある」ので、
ひたすらテレビラジオの収録招待券を狙ってハガキを書きつづけている
今日この頃でございます。
楽しんできてくださいまし。

2747 返信 をを…落語ディナー はる     2002/07/02 07:55
  cacheb.ncv.ne.jp  
  お花さん、
南部にそんなホテルがあるんですねえ。
知りませんでしたわ。
それにしても、お花さんてば、リッチー!
お泊まりで落語ディナーやなんて。ええな。ええな。

2746 返信 「いらせられませ楽しいルーム」 甘木     2002/07/01 23:43
  jnclic-186-90.ppp.justnet.ne.jp  
  ↑といいましても「留の部屋」のことではございませんで、
「明陽軒」(宗右衛門町)という洋食店の昭和3年当時の
キャッチコピー(この店には「家族室」という個室が設置
されていた)だそうで(以上は今日の産経夕刊の受け売り)
洋食といえば、「でな〜しょ〜」たらいうコジャレたもん
にはいっぺんも寄せてもろたことはおまへんが「落語ディ
ナー・ショー」のメニューってやっぱり、「ちりとてちん」
と「味噌田楽」と「マキシム・ド・ゼンザイ」?などと貧
困な発想はさておき、

>「桂南光一門会 他」になってるの〜そりゃイカンやろ…

そりゃイカン、そりゃアカン。正しくは「桂南光と愉快な
仲間たち」とすべき。「落語ディナー・ショー」と聞くと、
ついつい、お蕎麦と落語の会とか鰻丼付きの「かねよ寄席」
を連想してしまいますが、食事をちゃんと済ませた後で思
い残すことなく落語に集中できるような構成になってると
思いますし、やしきたかじんさんのディナー・ショーと違
って正装でなくても浴衣姿でも入場させてもらえるかもし
れませんし、断られるかもしれません。

2745 返信 はじめまして マメチヨ メール   2002/07/01 22:06
  wall.shueisha.co.jp  
  はじめまして。
最近、大阪出張の際に枝雀師匠のビデオを何気なく買って
すっかり心酔してしまった、お江戸の新参者ファンです。
今月から関西にも足を伸ばして、枝雀一門の方を応援させて
もらおうと思っていたので、このHPは貴重な情報源として
拝見しています。活動予定など、大変かとは思いますが
ぜひぜひ頑張ってください!

はてさて『ロイヤル寄席』(↓)ボーナス直後なので
かなり気になったのですが、こういうのって1人で行っても
大丈夫なんでしょうか?? メシつきとなると1人は淋しいのかな。
とりあえずは、お江戸の3人会なのですが。

2744 返信 落語のディナーショー!? 鬼瓦のお花     2002/07/01 19:31
  p4027-ipad02wakayama.wakayama.ocn.ne.jp  
  7月13日(土)に南部ロイヤルホテルで『ロイヤル寄席』というのがございます
南光さん・雀々さん・雀松さんのお顔が出てます http://www.daiwaresort.co.jp/minabe/
「桂南光一門会 他」になってるの〜 そりゃイカンやろ…と思いつつ
お食事込みで¥11,000 ちょっとお高いのじゃ…と思ったけれど
大阪まで行くことを考えればお安いものですよねぇ〜
で ボーナスも出たことですしお泊りまでしちゃうことにしました〜(^^ゞ
皆様も ちょっと紀州まで足伸ばしてみませんか〜
前日は 南光さん・雀々さんはお江戸とのこと 飛行機で白浜入りかしらん〜?

2742 返信 おやつはカール(意味不明) 大三治 メール   2002/07/01 12:10
  yahoobb218117128037.bbtec.net  
  みなさん、こんにちは

甘木さん、こんにちは
 いいですねぇ。可笑しい。
 枝雀師匠のバツの悪そうな顔・・・いいですねぇ〜。

michi Kさん、こんにちは
 ラジオ深夜便は・・・そちらでは放送されてないのですか?
 ラジオ関係の趣味を持たれて各国の放送をキャッチする・・・という意味ではなくて、深夜便の放送はいろんなところに配信されている・・・というようなことを聞いたような聞かなかったような・・・・。
 ちといい加減です。
 最近リアルタイムじゃなくて録音が多いし・・・

2741 返信 それにつけても・・・・・。 michi K メール   2002/07/01 04:13
  pd955ff04.dip.t-dialin.net  
  >甘木さん
エエ話やわ〜。

>とまりさん、大三治さん
うらやましい〜!
昔は早朝寄席って朝5時半から(やったと思うけど)
やってて、かじりつぃてたんだけど、今でもやってるのかしらん?
でもこれじゃ、落語ファンは寝る時ないね。

2740 返信 それにつけてもバツの悪さよ。 甘木     2002/06/30 22:54
  jnclic-186-75.ppp.justnet.ne.jp  
  東京かわら版のWEBをピーピングに行って来ましたら、
7月の上方演芸ホールで桂九雀さん「青菜」。他の日に
は目玉企画として桂春団治さんが落語プラス「二代目を
語る」という随談付き。小佐田定雄さんの発案かも。N
HK上方落語の会の模様がTVで収録され、翌月あたり
に見られるなんて結構な時世。上方演芸会のラジオ枠で
時たま思い出したように放送していたのが昔日の感。昔
のNHK上方落語の会でのエピソードを、桂文我さんが
マクラで語っておられたんですが、先代・文我さんが泥
酔状態で楽屋入りしたことがあり、枝雀師匠が「雀司、
よく見ときや。文我兄さんは昔の修業を経てきはった人
やから楽屋では酔ってふらふらでも高座へ上がりはった
らシャキッとしはるから」と。その言葉通り高座へ上が
りはった先代・文我師、開口一番「フニャヘリャホニャ☆★☆★」
現・文我師いわく「枝雀師匠のあんなバツの悪そな顔見
たのは初めてでした」

2739 返信 ちとそれますが・・・ 大三治 メール   2002/06/30 21:29
  yahoobb218117128037.bbtec.net  
  こんにちは、とまりさん、皆様、

ラジオ深夜便のファン、
特に落語好きには宇田川さんのファンも結構いるんではないかなと思います。
ただアナウンサーとして話をしてるんじゃなくて、
落語が好きなんだな、と分かる語りがいいですね。

 深夜放送で、大変でしょうが、
お体にお気をつけて、これからも、
日曜の真夜中・・・貴重な高座を提供して欲しいですね。

2737 返信 雀松さん、面白かったよ はらぼてお光     2002/06/28 11:43
  ntnara014221.adsl.ppp.infoweb.ne.jp  
  管理人さん、お久しぶりです。
太融寺の雀松向上委員会に寄せて頂きました。
『茶漬けえんま』は久しぶりに聞いたので、また一段と面白かったです。
月に1回落語会に足を運ぶつもりでいてたんですが、なぜか今月はもう3回目です。
こんな生活しててええんかいなァ!
せやかて義務やし(^_^;)

2736 返信 東北は〜 馬伸 メール   2002/06/27 20:49
  sndi035n121.ppp.infoweb.ne.jp  
  なんか 初夏のはずが 5月初旬に・・
さむおます。そんななか、山形より
「今年は 豊作よ〜!」だそうです。
もうすぐ こんどは ラフランスが・・

私も 部下に「ラフランスなおひと〜」と
呼ばれていました。そうかぁ。「ようなし」やねんね〜

2735 返信 2002年6月10日 甘木     2002/06/26 19:42
  jnclic-186-30.ppp.justnet.ne.jp  
  野村雅昭著『落語の言語学』(平凡社ライブラリー版)発行日。
第3章 オチの構造
p.168 枝雀の四分類
p.174 枝雀の分類と従来の分類との比較
※「平凡社ライブラリー版 あとがき」必読

2734 返信 遅ればせながら10万ヒットおめでとうございます。 片岡君     2002/06/26 19:14
  n107130.ppp.dion.ne.jp  
  お久しぶりです、片岡です。
先日、Yahooオークションを覗いておりましたら、
えらいもんを見つけてしまいました。枝鶴、枝雀
福團治襲名記念レコード、口上は松鶴、米朝、春團治
ビックリです。ジャケットの写真に二度びっくり。
師匠、髪の毛いっぱいありますっ!
私師匠の小米時代を知りませんので、なんじゃいこら
とひっくりかえってしバいました。おどろきました。
結構な値段がついておりましたが、納得です。
ワタシもほしい・・・うちにはレコードプレーヤー
ありませんが。

2732 返信 そうそう! 伊藤 メール   2002/06/24 18:58
  p0277-ip01osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  >ぽて様。
初めまして・・・かな?
掲示板のカウンターは全然気にしてなかったんですけど、
こっちもトップページに続き10万ヒットだったんですね。
掲示板は途中で代替わりしてますから、それを思うと、ちょこちょこ
見てくださってる方が多いということですね、ありがたいことです。
ということで、今後ともよろしくお願いします。

2731 返信 訂正 伊藤 メール   2002/06/24 17:41
  p0144-ip04osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  枝雀大全のVHS34集の「貧乏神」の日付訂正しました。
1995/07/17→1992が正当です。
ちらしには平成7年(1995年)となっていたのですが、
VHSのパッケージおよび東芝EMIさんのサイトには1992となって
いたことを教えてくださったとまりさんありがとうございました。

関連して「年譜」や「データベース」の「演目順」「あいうえお順」も
訂正しておきました。

他にも私の単純な入力ミスもあると思いますので、見つけた方は
どしどしご指摘たまわりますようお願いします。

2730 返信 7月9日九雀の日 A亭M     2002/06/24 10:29
  jnclic-186-27.ppp.justnet.ne.jp  
  BS−2「上方演芸ホール」
(番組内容)「しもたっ、ベッカム・ヘアーにしといたら良かった!」
と苦悩する桂九雀さんと「しもたっ、肉面化した覆面がとれへん!」と
煩悶する正体まる見えハナシカ仮面のコラボレーション。

梅雨の最中、コンビニのレジの横っちょの陳列コーナーに扇子を発見。
値段がシャレていて、末広がりの880円也。もちろん、落語で使う
「ハクセン」とは全く違う形の山の手夫人御用達のお出かけ用扇子。
ちなみに、落語家の新弟子さんは、年季が明けるにあたって「川の流
れのように息の長い芸人になれますように」という願いを込めて扇子
を川に流します。この儀式を「ハクセン流し」って言うのさ。

2729 返信 なにが、なにやら・・・・!? ぽて。     2002/06/24 02:47
  193.168.104.203.livedoor.com  
   私、眠る前に、よくこちらに寄せてもろてるんですが・・・
掲示板のカウンターが100000!!
 覗かせてもうてばっかりの、私のようなもんが・・。
常連の皆さん、ほんま、スンマセン。
 これからも、のぞかせてもらいます。
 頭、痛いのん我慢してよかった!!

2728 返信 ラブリー文我さん♪ はる     2002/06/23 07:51
  cachec.ncv.ne.jp  
  とまりさん、
ええな。ええな。
文我さんの独演会があるなんて、金沢市民はええですねぇ〜。
文我さんの、あの、ニコって笑顔がたまらないです。
とってもラブリー♪
もう、長〜〜〜いこと生落語会、行ってません。
文我さん、函館にも来てくれはらへんかなあ。

2724 返信 以前読んだ、 小川市松 メール   2002/06/21 00:16
  yahoobb228032101.bbtec.net  
  笑福亭松枝さんのエッセイで、落語のお稽古に米朝師宅に伺ったときの話。
稽古が終り奥様がいちごを出してくださったそうです。
米朝師匠は喋りつつ、楊枝が添えられてあったが構わず手掴みでいちごを口に運び、実を食いちぎり、むしりとったヘタを器に投げ込み、片時も休まずその動作を繰り返し、しかも喋り続けられたそうです。壮絶とも言えるほどの妙な迫力に、松枝さんはとうとういちごに手をつけられなかったそうな。

いちごの印象が強烈だったため、肝心のそのときの話がなんだったか、皆目思い出せずにいるそうです。
後でお弟子さんに聞いたところ、師匠は出した物に手をつけなっかたら、ご機嫌が悪くなるそうで、そういえば昔よく「冥加が悪い」てなこと言うてはりました。

プロの噺家さえも黙らしてしまうその迫力。うーんやっぱり国宝になる人はちがうなぁ。でも米朝師匠の食べ物を大事にする気持ち見習わなくては。

ちりとてちんサンがおっしゃたように、私もとても綺麗に食べてはったのが、見ていて気持ちよかったです。

2723 返信 あの食べ方が「普通」? ちりとてちん メール   2002/06/20 20:27
  z211-9-237-78.dialup.wakwak.ne.jp  
  「わんこハンバーグ」の話は、私も聴いたことがあります。
ハンバーグを召し上がる国宝の姿が、ちょっと想像出来ないんですが・・・。
市松さんがおっしゃるように、「食料難」の経験が
身に染みついたままなんでしょうかねぇ。

あのテレビで拝見した食べっぷりには、思わず
「誰も取らへんがな!」と突っ込んでしまいましたが、
バクバク食べてはるのに、「食い散らかしてる」ということがなく、
とてもキレイに食べてはったのが印象に残ってます。

2722 返信 もったいないはパワーの源? 小川市松 メール   2002/06/20 01:13
  yahoobb228032101.bbtec.net  
  米朝師匠の年代の方は、食料難を経験してはるので、「今食うとかんな、次はどないなるやわからん」てなとこでしょう。それが豊かな時代になっても身に染み付いてはるんでしょうね。

ちなみに我が父&舅さんも食べるの早いし、出されたモンは全部召し上がりはります。たまに残ったりしたら冷蔵庫から入れたり出したり、酸うい匂いがして完全に腐るまで「まだ食える」と絶対に捨てさせてはくれません。
食べ物に対する思い入れが強い人は生命力が旺盛というから、米朝師匠もまだまだ現役で頑張りはるでしょう。
恐るべし!戦中派パワー

2721 返信 聞いた話であれなんですが(ラジオだったかな) kane'     2002/06/19 23:17
  jnclic-185-4.ppp.justnet.ne.jp  
  米朝さんの食事のはやさ、並びに食欲はすごいそうです。
少し前の話なので今はどうか判りませんが、
普通の大きさのハンバーグをあっという間に三口くらいで食べ、
食べ終わる頃には奥様が次のハンバーグをお皿によそい
また三口くらいで食べ、そしてまた奥様が…
で、三個ペロッと食べはったということです。
「米朝さんのわんこハンバーグ」(いわゆる「わんこそば」のハンバーグ版)
と呼ばれているそうな。

ですから、あれはヤケ食いじゃなく米朝さんの普通の食べ方なんだと思います。
フォローになったかな?