留 の 部 屋 の 掲 示 板

(過去ログ)

 

2160 返信 老婆心ながら くらきっとん     2001/11/19 17:39
  h040231.ppp.dion.ne.jp  
  明日のBS2上方演芸ホールは
桂団朝さん:子ほめ 桂春団治師匠:親子茶屋
ですよ。お忘れなく。
今日のは帰ったらちゃんと撮れてるはず。むふふふ、楽しみ。

2159 返信 流星群は見のがしたけれど、衛星第2は見のがせない 森田の息子     2001/11/19 12:36
  211.4.169.10  
   そうか、ゆんべやったんか、流星群。2時ちょい
過ぎに目がさめたのに。そのまま起きときゃよかっ
た。

2158 返信 おおいそぎでお知らせ 伊藤 メール   2001/11/19 08:24
  p0660-ip04osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  本日昼12:15〜1:00、NHK BS2にて米朝師の「らくだ」放送です。

2157 返信 いっちょかみ 丸萬 メール   2001/11/19 00:08
  nttoska10009.ppp.infoweb.ne.jp  
  「てっちゃん」様、HP拝見しました。

残念な事に僕は「枝雀独演会」第3集・第7集はもっておらず,
力になれません。m(_ _)m

追伸:僕も小さい頃、切手集めてました・・・

2155 返信 いらせられませ「てっちゃん」どの 元さん@留守番 メール   2001/11/18 21:58
  p121-dna23higasinada.hyogo.ocn.ne.jp  
  えらいこと仰いましたな...
ここでそんなこと聞いたら、また「いっちょがみ連」が右往左往の大騒ぎしまっせ^^;
ま、ごゆっくり探索してください。

2154 返信 はじめまして、 てっちゃん メール HP 2001/11/18 21:08
  nttoska14139.ppp.infoweb.ne.jp  
  初めて、寄らしていただきます。
ワタクシは、小さいときに
枝雀さんの落語を聞いて以来、
強烈なあの独特の世界に引き込まれてしまいました。
それで、こつこつと、カセットテープを
買い集めてきましたが、
宿替えやら、友人との貸し借りやらで、
気がつけば、桂枝雀独演会の、カセットで
第3集と第7集だけが、どこかへ
紛失してしまいました。
どなたか、探してください。
とゆうか、どうすれば、再び手に入れることが
出来るのでしょうか?
もう一度、「算段の平兵衛」聞きたいです。

2150 返信 小さん師匠の一件 くらきっとん     2001/11/17 09:01
  f021017.ppp.dion.ne.jp  
  ご回答有難うございました。
すごいお方でしたんですね。
勉強になりました。




2149 返信 何の脈絡もなくもなく 但馬春     2001/11/17 00:58
  p4102-ipad11osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
 
>立木義浩写真集「親と子の情景」(1996)毎日新聞社
>pp.96-97 前田一史(枝雀の息子)桂 枝雀(落語家)

 うわ〜、そんなんあったんですか。教えていただいてありが
とうございます。伊藤いちおう(マジシャンみたいな御名前)
管理人さんに勝手になりかわりまして、お礼を申し上げます。
データー・ベースへの追加を、これまた勝手に決定させていた
だきます。明日早速、中之島図書館で探してみます。写真シリ
ーズで思い出しましたが、アサヒ・カメラのずいぶん以前のバ
ック・ナンバーにも桂枝雀さんのポートレートが載っていまし
た。

2147 返信 スゴイッ! 漱石     2001/11/16 21:09
  yahoobb218124006033.bbtec.net  
  ボクの思いつきの書き込みに対して、
これだけの情報が得られ
これだ盛り上がるなんて、みなさん
やっぱり凄いですネ。
タダモノではない人達のサイバー上の
勉強会兼井戸端会議(失礼)
やっぱり改めてインターネットって
便利だなぁ。
話が小さんに行っていますが、
枝雀さんタイプの円遊はどんな人だったんでしょうネ。
小円遊なら知っていますが…。
私はちなみに春風亭柳昇師匠も大好きです。
「え〜、大きなことを言うようですが、
今や、春風亭柳昇と言えば、日本では
私一人でありまして…」
眼をパチパチさせて言うとぼけた味が
好きです。

2146 返信 小さん師匠の弟子の小さん師匠のそのまた弟子の小さん師匠の・・・ 但馬春     2001/11/16 19:39
  p4114-ipad03osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  ハァハァハァ、ゼイゼイゼイ、要は五代目・小さん師匠の
弟子で孫の柳家花緑さんの「僕が、落語を変える」という
大それた題名の本が発売中。今日の昼休みに職場近くの本
屋へ行くと2冊あり、帰りしなにも一度寄ったら、1冊売
れたと見えて残り1冊。「朱鷺の遺言」という作品で大宅
賞を受賞されたノンフィクション作家の小林照幸さん(プ
ロフィールによると花緑さんより3歳年上。高校時代は落
研所属)による聞き書きで、ゴースト・ライターではなく、
きちんとした「共著」となっているところがいかにも現代。
花緑さんの目を通して落語界の様子と落語家さんたち(小
さん、小朝、談志、三木助、志ん朝)の姿をかいま見るこ
とができるように書かれていますので花緑さんには興味は
ないけど落語界には興味があるというヘンコな読者にも安
心してお勧めできます。ちなみに上方落語の話題は全く出
てきません。ただ、なぜ大阪で定期的に独演会を打つよう
になったかについての直接のキッカケについてはちょこっ
とだけ。

2145 返信 小さん師匠 伊藤 メール   2001/11/16 16:36
  p0168-ip07osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  夏目漱石の絶賛した「小さん」は三代目(今の国宝の小さん師は5代目)です。
”名人”といわれ、「三段がえし」のエピソードが有名で、
私もこのエピソードはなんかの本で読んだことがあります。
(ぜんぜん覚えてないところがいかにも私らしい)

以下、「三段がえし」について引用。
*******
ある雨の夜のことだった。神田の立花亭は、小さんのとりで一ぱいの入り。中入りも済んだが、客は一人も帰らない。そこで席亭の大森氏は、楽屋に行って、「今夜は傘があるので閉場(はね)になってから、これだけのお客に一ぺんで帰られては下足が面食らってしまいます。何とか師匠、うまい工夫はありませんか」「ああ、いいよ、何とかしよう」そういって小さんは高座へ上ると、ボツボツ小声でまくらを振りはじめた。期待していた客は存外つまらないので、バラバラ立って帰りだした。二分通り減ったところで、小さんは調子を張り上げてドッと一ツ笑わした。それであとのお客は踏み留まった。半ばまで来るとまただれさしたから、お客は立ちはじめた。半分ばかりに減ったところでまた一と調子はり上げ、それからはトントンと話を運び、お客にも息もつかせずサゲまで持って行った。下足は「おかげで楽が出来ました」と大喜びだった。これが小さんの三段返しといってその当時有名だった。
**********
(今村信雄『落語の世界』より)

いやあ、ネット検索ってほんと便利ですね。

2144 返信 漱石さん くらきっとん     2001/11/15 12:40
  h039081.ppp.dion.ne.jp  
  ご丁寧にいたみいります。
お気を遣わせました。
ところで
その小さん師匠というのはどの小さん師匠ですか?
わたし江戸はとんとわかりませんので、
小さん師匠といいますと恥ずかしながら
あの永○園の小さん師匠しか思い浮かびません。

くらっきとんで結構ですよ
丁稚の分際ですので(笑)

2143 返信 枝雀亭 伊藤 メール   2001/11/14 21:34
  p0059-ip02osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  >お光さま&いなださま
ありがとうございます。
「笑いころげてたっぷり枝雀」は持っております。
大事に大事に何べんも読んだはずなのに、お恥ずかしい。

ミステリーも最後まで読んだあとに「これ前に読んだことあるわ」と
気づくことのある伊藤でした。

2142 返信 枝雀亭について いなだ メール   2001/11/14 21:19
  cse36-8.osaka.mbn.or.jp  
  枝雀亭について、「笑いころげてたっぷり枝雀」と言う単行本があります。第1部は枝雀一門と19人の美女、第2部は枝雀一門銘々伝の二部構成です。阪急電車の本のネット販売「おとりおき」で検索してみて下さい。まだ残部が若干あるようです。これを読めば枝雀亭については完璧です。特に裏表紙の7人のお弟子さんの写真は爆笑物です。

2141 返信 天才枝雀さん 漱石     2001/11/14 20:41
  yahoobb218124006033.bbtec.net  
  くらきっとんさま。
すいません。ちょっと
出張をしている間に、くらきっとんさまから
ポンについての問い合わせがあり、さらに
その問い合わせに伊藤さまが、ボクの代わりに
回答をしてくださって…。
実はリアルタイムで掲示板を見ていても、くらっきとんさま
の問いには答えられなかったと思います。
「ぐ〜る、ぐ〜る、ぐ〜る」が何なのか知りませんでしたので。
いなださま、伊藤さま同感です。
ボクは同じネタの漫才を数回みると飽きますが、
これは同じネタの漫才は同じ漫才師がするのに
対し、同じネタを色々な落語家がするという
落語そのものの芸質に特色があるので
自分の個性を出さないと行けないのでしょうが、
同じ落語家が年度によって異なるというのは
凄いことだと思います。
ましてや声の調子やテンポに年齢と共に磨きがかかる
枝雀さんのような落語家も稀だと思います。
しかも枝雀さんの場合、同じ落語でも
聞くたびに味わいがことなります。
やっぱり天才というのはこういう人を言うんでしょうね。
本物の漱石が「三四郎」の中でこんなことを言っています。
ちょと長いですけれど、引用させてください。
「小さんは天才である。あんな芸術家は滅多にでるものじゃない。
いつでも聞けると思うから安っぽい感じがして、甚だ気の毒だ。
実は彼と時を同じうして生きている我々は大変な幸せである。
今から少し前に生まれても小さんは聞けない。少し遅れても
同様だ。
円遊も旨い。然し小さんとは趣が違っている。円遊の扮した
太鼓持ちは、太鼓持ちになった円遊だから面白いので、
小さんのやる太鼓持ちは、小さんを離れた太鼓持ちだから
面白い。円遊の演ずる人物から円遊を隠せば、
人物が丸で消滅してしまう、小さんの演ずる
人物から、いくら小さんを隠したって、人物は
活発発地に躍動するばかりだ。そこがえらい」
ボクは枝雀さんは円遊に近いと思いますが、
みなさんはどうでしょうか?
枝雀さんが明治時代にいたら、本物の漱石は
「三四郎」の中で「枝雀の演ずる留五郎は…」
と批評するだろうと、ニセモノの漱石は
確信しています。


2140 返信 ポン見たいなあ...。 くらきっとん     2001/11/14 19:00
  f021073.ppp.dion.ne.jp  
  伊藤さま、留の部屋で講でも作って、
この名古屋のポンのおっちゃん呼びません?

冗談ですよ。

2138 返信 ネット社会恐るべし! くらきっとん     2001/11/14 18:23
  f024066.ppp.dion.ne.jp  
  伊藤さま
早速に有難う御座いました。
さすがポンの部屋の管理人さま。
すごいページがあるもんですねえ、あなどれませんなあ。
しかしながら工程表に、蓋を開ける前に
4.「ちれ、ちれ−、ちったか、ちったか−」と声をかける。
5.蓋を開ける時には大きな声で「ポーン!!」という。
という工程をいれてほしいなあ。枝雀ファンとしては。
何かよりおいしくなるような気がしますものねえ。
しかし、回転させるとなぜ圧力が上がるのでしょうね。

2137 返信 Re:ポンで−−−す!! 伊藤 メール   2001/11/14 17:28
  p0263-ip01osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  > 砂糖と米を混ぜているところなのか、
> はたまた圧力かなんかをかけているところなのか

圧力をかけているんですって。
釜を回転させて内側の気圧をあげて、釜の蓋を木槌で叩いて
蓋をあけて一気に減圧することでお米が膨れるんだそうです。
砂糖は食用油とまぜて水あめ状にして、あとからまぶすそうです。
詳しくはここに載ってました。

検索の女王伊藤でした。

2136 返信 ポンで−−−す!! くらきっとん     2001/11/14 16:30
  f020065.ppp.dion.ne.jp  
  漱石さん
すこし前にポンのことを書かれてましたが、
わたくし、以前からわからないで悩んでいることがあります。
枝雀師匠の「代書」のポンの形容の中に「ぐーるぐーるぐーるぐーる」
というのがありますが、あれはいったい何をやっているところなのか?
砂糖と米を混ぜているところなのか、
はたまた圧力かなんかをかけているところなのか、
その優秀な留さんはなにか説明されてましたでしょうか。
私は大阪市の北部ですが小学生の頃までは(25年ほど前)
ポンのおっちゃん(当時わたしらはそう呼んでました)がよく来られてました。
今はとんと見かけませんが。
よくお砂糖とお米を持って行ってやってもらい、面白いのでじっと見てましたが、
この「ぐーるぐーるぐーるぐーる」の部分の記憶が全く御座いません。
見てても後の「ポン!!!!」で吹き飛んでたのかもしれませんが。
ああ後に枝雀ファンになることがわかっていたら
もっと真剣に見ていたのに...。

はるさん、ほんとさぶそうですね。
冬はこたつで寝転がってみかん食べながらビデオで落語という幸せも有りますが。

2135 返信 お松さまへ はる     2001/11/14 14:53
  cachea.ncv.ne.jp  
  ご近所さんに尋ねまくって、やっとBSの映るリッチなお家を
見つけることができました。
お願いしたら、快く、19日の米朝さんの録画をしてもらえることになりました。
ありがたやー。
お松さんには、ホンマにご心配をおかけしましたが、
そーゆーことなので、ご安心下さいませ。
また、なんぞのときには、よろしゅうお願い申し上げます。

本日の函館は、大雪で家も車もまっしろしろでございます。
よんどころない用事でお出かけしたら、
私もまっしろしろになってしまいました。
さぶかったぁ〜〜〜!!!!

2134 返信 枝雀亭について はらぼてお光     2001/11/14 10:20
  nttnara04049.ppp.infoweb.ne.jp  
   毎日放送で『笑いころげてたっぷり枝雀』という番組があったのはご存知だと思います。その収録のために毎日放送ミリカホール内に「枝雀亭」というセットが組まれていました。毎日放送が「枝雀亭を守る会」をつくって会員を募集していたんです。会員になると、優先的に収録に招待してもらえたんですよ。
 普通こういった収録は二週分をまとめて撮るので、客は二回分を一日で見られるんですが、枝雀亭は入れ替え制で、1回しか見られなかったんです(探偵ナイトスクープを見ていると客は変わっていない)。それだけ当時から枝雀さんを見たい聞きたいという人が多く、人気があったんだと、勝手に思い込んでおります。
 「枝雀亭」の造りについては、ご覧になった方もいらっしゃると思いますが、寄席、あるいは演芸場の雰囲気を出したセットになっていて、客が木戸から入るところから収録が始まり、ちゃぶ台を囲んでゲストと枝雀さん、南光さんが話をするというものでした。特技を持った素人の方も出られていたと記憶しております。実はわたしも客席で2,3回映っていたんですよ、大口を開けて笑っているところが!
 昨日あれから近所のショッピングセンターへ日本手ぬぐいを買いにいったんです。「枝雀亭のてぬぐい」は、洗って、アイロンかけて、大切になおしとこうと思ったんですけど、日本手ぬぐいが売ってないんです。タオルばっかりで。「日本手ぬぐいは和装小物を売っている店にあるのとちがいますか?」って言われたんですけど。

2133 返信 Re:テネシー・ワルツ ちりとてちん メール   2001/11/13 23:04
  z211-132-157-170.dialup.wakwak.ne.jp  
  「本家」も「元祖」も全てワタクシでございます。
ハガキには、「ラジオネームもちりとてちん」って書いていたんですがねぇ。

> 履歴書?を拝読しますと桂米団治師の「代書」にまつわるエピソード。
> ジョキ、ジョキ、ジョキ、ペタリコン。

私は職場で鋏を片手にウロウロ、ジョキ、ジョキしています。
日経新聞に不似合いな女ゆえ、新聞を広げていると「熱でもあるん?」と
言われますが、「私が必要としているのは、これです!」と記事を指せば、
「そうやろねぇ。おかしいと思ってん。」と納得して去って行かれます。

2132 返信 あ〜しんどかった 文字化けのQ太郎 メール   2001/11/13 21:45
  p19-dna05hamasaka.hyogo.ocn.ne.jp  
  お久しぶりのQでござる。

かなりヘビィな日々を乗り越えて復活!
ただ今、兵庫県の浜坂に出張中でごんざります。
ここは25年前、中2の時夏の林間学校できたんだよね〜。
あ〜なつかし。

ウダウダとしたいのでございますが、モバイル環境が最悪でして
モバイルQちゃんパワーアップ終了後、ウダウダとブーたれたいと
思います。

2131 返信 枝雀落語はワインのような 伊藤 メール   2001/11/13 20:04
  p0249-ip01osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  >漱石さま
そうなんですよね。
いつもちがった演出をこころがけてらした枝雀師。
師の落語を語るには「何年のどの高座ではどうだった」と
いう姿勢で語るのがベストでしょう。

>お光さま
「枝雀亭を守る会」?
すんません、何のことやらわからないもんですから、
詳細を教えていただけませんでしょうか?

>Qさま
復活のきざし、おめでとうございます。
寒くなってきて冬眠にはいらはったのかと心配しておりました。
ぼちぼちまた賑わしておくれやしておくれやっしゃ。

2130 返信 なつかし〜い! はらぼてお光     2001/11/13 08:50
  nttnara007172.flets.ppp.infoweb.ne.jp  
  このサイトを見つけてから、本棚にしまってあった落語の本を引っ張り出してきたりしています。
『まるく笑ってらくごDE枝雀』の本に『笑いころげてたっぷり枝雀』の収録のパンフレットと千社札がはさんでありました。そういえば、「枝雀亭を守る会」というのもあったなぁ。なつかしいなぁ。涙出てくるやないの...
そや!三弦の練習につこてる手ぬぐいも枝雀亭のやったなぁ。いつも枝雀さんを太腿に乗せてたなんて、もったいないことしてたゎ!!

2129 返信 テネシー・ワルツ 但馬春     2001/11/13 08:46
  211.4.169.10  
   昨夜、桂南光さんの「歌謡大全集」で江利チエミさんの
「テネシー・ワルツ」のリクエストされていた「ラジオ・
ネーム:ちりとてちん」さんは、「ハンドル・ネーム:ち
りとてちん」さんと同じ人?それとも、かたや「元祖・ち
りとてちん」さんで、こなた「本家・ちりとてちん」さん
で同名異人?てなことを考えながら、履歴書?を拝読しま
すと桂米団治師の「代書」にまつわるエピソード。ジョキ、
ジョキ、ジョキ、ジョキ、ペタリコン。←いずれ単行本に
収録されるかもしれないのでムダな手間かもと自嘲しつつ
も、今朝もまた増えて嬉しいスクラップ。

2128 返信 伊藤さん!! さやか メール HP 2001/11/12 22:54
  osk41-p027.alpha-net.ne.jp  
  情報ありがとうございます。
今、うちのHPの掲示板に伊藤さんのカキコを見つけて
さっそく落語工房のサイトに行って確認致しました。
そっか……あれは、デマじゃなかったんや……。
うれしい〜。

2127 返信 復活!予告編 文字化けのQ太郎     2001/11/12 22:28
  h182001.ap.plala.or.jp  
  ふんがぁ〜〜〜〜〜〜!!

2126 返信 桂 枝雀さんの声変わり いなだ メール   2001/11/12 22:06
  cse34-15.osaka.mbn.or.jp  
  >定吉さま
確かに同じ噺でも30代の枝雀さんと50代の枝雀さんとでは、相当異なっていると思います。噺の構成やギャグ、スピードもかなり違っています。また声も変化していると思います。私はどちらかと言うと「枝雀落語大全」の枝雀さんより、「枝雀落語らいぶ」の枝雀さんの方が好きです。代表的な例は「代書」を聴き比べてみて下さい。もう完全に「枝雀落語らいぶ」の「代書」の方が勝っていると思います。
でもそのCDを車に積んでいたら車上狙いに盗まれてしまいました。おまけにその
CDは絶版になっているのです。あの泥棒は絶対に許せません。

2125 返信 定吉 漱石     2001/11/12 20:32
  yahoobb218124006033.bbtec.net  
  ドッヒャー!!
たくさん出てるんですね。
まるさま、伊藤さま、さやかさま、
ありがとうございます。
「七段目」はむ雀さん、「悋気の独楽」
は雀松さんので聴いたことはありますが、
それぞれに出てくる丁稚は定吉でしたか…。
アー、枝雀さんのCD全部欲しいなぁ。
ところで、
ボクは昔はレコードからテープに録って、
ウォークマンで聴いたりしていましたが、
レコードの頃の枝雀さんと朝日放送の
枝雀寄席の枝雀さんを聴き比べると、
同じ落語でも迫力が違うような気がします。
なんか、進化しているような…。
例えば、同じ「つぼ算」でも全然違うような
気がします。
みなさんどうでしょうか。

2124 返信 『へっつい盗人』 はらぼてお光     2001/11/12 19:51
  nttnara007138.flets.ppp.infoweb.ne.jp  
  アアッ!やっぱり清八の方でしたか。くらきっとん、どうもありがとうございます。古い記憶だったのでどうも、スビバセン!!
12月4日のNHK枝雀一門会に葉書出したんです。当たるといいなぁ、でも当たってもいけるかなぁ?!

2123 返信 「へっつい盗人」 くらきっとん     2001/11/12 18:21
  b145146.ppp.dion.ne.jp  
  私は、都丸さんで聞きました。去年か今年テレビで放映してました。
面白い噺ですね。
うちの5歳の息子は、親の仕込みがよいので、手伝わして一緒に物を運ぶとき、
私が「よいよいよっとさ」というと「よっとさのよいよい」と返しよります。
ただし私の知っているのでは喜六と清八だったと思います。

2122 返信 『へっつい盗人』失礼しました。 はらぼてお光     2001/11/12 17:57
  nttnara007243.flets.ppp.infoweb.ne.jp  
  「よせごよみ」見ました。
けっこう演じられているのですね、知りませんでした。
ずいぶん寄席にも通っていないなあ、米朝さんもホールでの会はなさらなくなるそうだし。
皆さんのお話を見させていただいていると、うずうずしてきます。また落語聞きに行きたいなあと思うている今日この頃でございます。

2121 返信 定吉っとんは…… さやか メール HP 2001/11/12 16:10
  z61-115-66-112.dialup.wakwak.ne.jp  
  「となりの桜」にもメインで出演してらっしゃいます。
一回しか聞いたことないですが、小生意気でかわいさ炸裂です。

 

2120 返信 定吉の出てくる落語 伊藤 メール   2001/11/12 13:33
  p0478-ip05osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  >漱石さま
「寝床」「口入屋」「七段目」「たちきれ」「蛸芝居」
「百年目」「厄払い」「悋気の独楽」・・・
ちょっと思いついただけ書いてみましたがこのほかにもたくさん
ありそうですね。
およそ丁稚が出てくる落語はほとんどが「定吉とん」で、
「次の御用日」で常吉が主人公になってるのがレアケースのような気がします。

>お光さま
「へっつい盗人」は今年枝雀一門では雀々さんのを聞きました。
他の方でも「よせごよみ」を見ているとわりあいよく演じられているようです。
たしかに「へっつい」は「かまど」のことだと冒頭で説明しても
理解されにくいアイテムになりつつありますね。
でもだからこそ、落語で語ることによって死滅させないでほしいものです。

>くらきっとん
>「またはん」&「まったはん」
すいません「又はん」が正解です。
「又はん」と聞くと『胴切り』で麩屋に「又はん」がたずねてきて
「足」が、「またはんだっか?」というシーンがぱっと浮かんだのですが
自分の頭の中で「まったはん」とちっちゃい”っ”を勝手に入れてました。

>酒本さま
いつもながらのすごい知識!
私ごときでは手も足も出ない難問に答えてくださってありがとうござました。
これからもよろしゅうに。

2119 返信 速報?遅報? 桂雀三郎とまんぷくブラザース登場.. くらきっとん     2001/11/12 09:09
  b144228.ppp.dion.ne.jp  
  ..しはります。今から「ABCラジオ東西南北龍介が行く」に、
もう間に合いませんね。すみません今知ったものですから。
失礼しました。

2118 返信 >定吉 まる     2001/11/12 01:40
  94.pool3.osaka.att.ne.jp  
  初めて書き込ませていただきます。

漱石さん
「蔵丁稚」は定吉が主人公です。
芝居のパロディですが面白いですよ。是非お聴きください。
枝雀さんの演じる子供さんはかわいくて面白いですね。
定吉ではないですが子供が出てくるという点では「佐々木裁き」も好きです。

2117 返信 岡町ランド いなだ メール   2001/11/11 21:36
  cse35-35.osaka.mbn.or.jp  
  今日の岡町ランド 大爆笑でした。小米朝、あさ吉、宗助さんが特に楽しかったです。久しぶりに大爆笑しました。3人が3人とも良いキャラクターで盛り上がりました。

2116 返信 定吉 漱石     2001/11/11 09:20
  yahoobb218124006033.bbtec.net  
  この掲示板では落語の登場人物がどの落語に出ているか
という話題が多いようですが、私も一つお聞きしたいと
思います。どなたか知っていれば教えて下さい。
私は定吉が大好きで、「口入れ屋」とか「質屋蔵」
の中で、一番番頭に新しく来たおなごしの報告をする時や
「熊はん」を呼びに言った時に立ち聞きした内容
を伝える時の頓珍漢な遣り取りは何回聴いても吹き出します。
そこでこの二つの落語以外にも定吉の出演している落語が
あれば教えて下さい。

2115 返信 あの甚兵衛とぬかすガキは‥ ままよ メール   2001/11/11 00:03
  max6-ppp77.osaka.sannet.ne.jp  
  酒本さん>
>横町に住んでいる物知りの甚兵衛さん、実はこんなこともしているという
>落語は「唖の釣り」と「崇禅寺馬場」です。
>「唖の釣り」は殺生禁断の池へ鯉を盗みに、「崇禅寺馬場」は追いはぎに
>喜六を連れて出かけていきます。

爆笑!!なんかこれ個人的に受けてもたなぁ‥。

やっぱり「えてして知れん」かってんや‥。

2114 返信 八五郎さん 酒本 賢史 メール   2001/11/10 23:10
  p210222.ppp.dion.ne.jp  
  > 「八五郎」は、「八五郎坊主」しかお知りではないんですか。私は首都圏に棲息していますので、江戸落語はよく聞きます(但しテープ)。そこでは、結構「八五郎」なる人物を主人公とする噺が多いのです。

落語の代表的な登場人物といえば「熊さん八っあん」という固定観念が世間ではありますが、それは明らかに江戸落語で上方落語にはあまり登場しないんです。しいて言えば性格は違いますが「喜六、清八」なんです。
特に「八五郎」は「八五郎坊主」にしか登場しない、いわば上方落語にとって特殊な登場人物なんです。

2113 返信 成る程 荒野獅子     2001/11/10 20:08
  max1-ppp83.koga.sannet.ne.jp  
  伊藤さん
「八五郎」は、「八五郎坊主」しかお知りではないんですか。私は首都圏に棲息していますので、江戸落語はよく聞きます(但しテープ)。そこでは、結構「八五郎」なる人物を主人公とする噺が多いのです。
くらきっとんさん
本の情報を教えて頂き、ありがとうございました。

2111 返信 はじめまして、甚兵衛はんの事ですけど。 はらぼてお光 メール   2001/11/10 18:31
  nttnara01032.ppp.infoweb.ne.jp  
  はじめてお便りさせてもらいます。枝雀ファンの一人です。
甚兵衛はんの職業についてですが、確か『へっつい盗人』の中で、
「わしか、わしは盗人や」と告白して、へっついを盗みにゆくのに喜六を連れて行くというのがあったと思います。清八だったかもしれません、間違っていたらごめんなさい。『へっつい』という言葉が死語となってしまいましたんで、もう演じられる事もなくなったのだろうと思うとります。
枝雀さんにはまったのは、第一回サンケイホールの独演会からです。千里丘の毎日TVにも通いました。子育てでしばらく遠ざかっている間に、おあいできなくなってしまい、全盛期を見逃したのだと思うと残念でなりません。
時々お邪魔させてください。よろしゅうお願いいたします。

2110 返信 お知らせ くらきっとん     2001/11/10 09:23
  f021035.ppp.dion.ne.jp  
  本日深夜「平成紅梅亭」があるようですが
 同チャンネルのpm7:00よりワールドカップ野球の放送があり、
 新聞に最大延長pm9:27あり、以降番組繰り下げとありますので
 ご注意下さい。

2109 返信 甚兵衛はん又兵衛さん くらきっとん     2001/11/09 12:21
  f026002.ppp.dion.ne.jp  
  >甚兵衛はん
われもこう様ならびに酒本賢史様どうも有難う御座います。勉強になります。
ご教示により気になっていたのは「崇禅寺馬場」だとわかりました。
すっきりしました。
しかしこの噺をはじめて知った時の甚兵衛さんにはインパクトがありました。
で、本にあたってみたんですが、「片袖」に関しまして、喜六をそそのかす人物、
相羽秋夫さんの「現代上方落語便利事典」では「三隅亘」になってますが、
米朝師匠の「米朝ばなし」では「甚兵衛はん」になっているのを発見しましたのでご報告します。

>又兵衛さん
荒野獅子様 
ご存知かもしれませんが弘文出版の小佐田定雄さん著「噺の肴」という本の最初の方に落語の登場人物の名前に関しておもしろい記述があります。ご参考まで。
又兵衛さんは出てきませんが。

伊藤様
わたしは「またはん」だと思っていたのですが「まったはん」でしょうか?





2108 返信 雨上がり決死隊 われもこう     2001/11/09 08:43
  p2054-ipad21osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
   ゆんべ、なかなか寝つけなかったので、MBSラジオの深夜放送にダイ
ヤルを合わせますというと、「尊敬する人は誰ですか?」というリスナー
からの質問に対してDJの雨上がり決死隊(このBBSをご覧の方はガチ
ンコの落語ファンが多いでしょうからご存知かどうか、ヨシモトの若手→
中堅コンビです)のMr.蛍原(俳優業でも頭角をあらわしているMr.
宮迫ではない方の人です)の答えが「枝雀さんです。小学生の時から好き
で、小学校のクラスに僕を含めて5人ぐらい落語を演るメンバーがいて、
5人とも枝雀さんの落語を演ってましたね。僕は5人の中で2番目にヘタ
クソでした。TVで『枝雀寄席』ってあったじゃないですか、ABCで。
小学生のくせにあの番組だけは夜中だけど毎回欠かさず見てましたもん」。
寝床からガバとはね起きて思わずラジオにかじりつきました。


2107 返信 甚兵衛さんの正体は一体なに? 酒本 賢史 メール   2001/11/09 08:09
  k164202.ppp.dion.ne.jp  
  > 登場人物のイメージといえば、
> 先ほどから思い出せなくて気持ち悪くて難儀してるのですが、
> 喜六?か誰かが、甚兵衛さん?(これも自信なし)の職業を訊ねて、
> 実は盗人ということがわかり、盗みを手伝わされるという噺
> こんなん無かったですか?
> これなんかも「えっ!!」と思うんですが。

横町に住んでいる物知りの甚兵衛さん、実はこんなこともしているという
落語は「唖の釣り」と「崇禅寺馬場」です。
「唖の釣り」は殺生禁断の池へ鯉を盗みに、「崇禅寺馬場」は追いはぎに
喜六を連れて出かけていきます。

また、同じようなパタ−ンで「片袖」という噺がありますが、これは墓荒らし
というグロテスクなことをします。でもこの噺は甚兵衛ではなく「三隅亘」という
フルネームの人と喜六になってます。

2106 返信 ポンで〜す 漱石     2001/11/08 21:51
  yahoobb218124006033.bbtec.net  
  先日、子供が通う小学校で、秋祭りがありました。
縁日や色々な催しがあり、なかなか楽しかったです。
そこへ、な、な、な〜んと、
ポン菓子屋さんが来ていました。
その方は留さんと違い、
「ポン菓子の製造過程を説明します」
と取り囲む客に説明をしてくれました。
なんだか留さんとは随分イメージが違うなぁ、
と思って見ていたら、最後にポン菓子を実際に
作ってくれました。
そして最後の段階になった時、
私の二人の娘が
「ポンで〜す」
と大きな声で叫びました。
ポン菓子屋のオジさんは、何のことかと
一瞬こっちを見ました。
どうも、母親の胎内にいる時から
枝雀落語を聞かせすぎたようです。
枝雀さんのビデオを見ると、
「タマゴさん」と言います。
顔がタマゴみたいだからではなく、
「た〜まご、た、ま、ごっ」
から来ているようです。
お粗末でした。

2105 返信 高槻市民寄席のご案内 Cの助 メール HP 2001/11/08 21:36
  211.12.84.138  
  ご無沙汰しております。第11回高槻市民寄席の宣伝です。

日時 11月11日(日)午後2時開演
場所 JR高槻駅前 高槻市立総合市民交流センター5階視聴覚室
※詳細は当会HPをご覧ください。

ちなみに、今回はNHKから取材に来られる予定です。


2104 返信 代書屋をめぐる四人の男たち われもこう     2001/11/08 20:15
  p4129-ipad02osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
   「田中彦治郎」さんのことがちょいと気になり「米朝全集」を
ひもといてバラバラにして見まするというと、昭和30年代に口演
の「代書」の速記には「田中彦次郎」と記されています。もっと
も、“彦次郎の「じ」は「次ぐ」という字ですか「治める」とい
う字ですか?”“どっちでもかましまへん。お任せします”“任
されてたまるかいな。しゃあないな、彦次郎と”というくだりが
ありますので、どっちゃでもええんでしょうけど、確かに桂喜丸
さんの「代書」では“「次ぐ」という字ですか「治める」という
字ですか?”という問いかけに田中彦治郎自身が“「治める」と
いう字です”と答えてはりましたので、留五郎、彦次郎に続く第
三の男、彦治郎登場。
 「米朝全集」には付録として昭和15年発行の「上方はなし」に
掲載された桂米団治口演の「代書」の速記も採録されていて、そ
こでは「太田藤助」とい名前になっていました。今夜は、太田藤
助と田中彦次郎と田中彦治郎と松本留五郎の四人が仲良く麻雀卓
を囲んでいる夢でも見ながら寝ましょっと。惜しいな、あと一人
おったら秘密戦隊を組めたのに。

>喜六?か誰かが、甚兵衛さん?(これも自信なし)の職業を訊ねて、
>実は盗人ということがわかり、盗みを手伝わされるという噺
>こんなん無かったですか?

 「道具屋」?“甚兵衛さんの職業ってアタマに「ど」のつく商売でっ
しゃろ?”“そうや”“どろぼうでっしゃろ”というわけでぇ、盗み、
やない、道具屋を手伝わされるという・・・ちがうな〜。

2103 返信 Re又兵衛さんの件 追加情報 くらきっとん     2001/11/08 18:43
  h037214.ppp.dion.ne.jp  
  このお方、「猿後家」で二回もお家はんをしくじってます。

2102 返信 Re又兵衛さんの件 くらきっとん     2001/11/08 15:44
  b145044.ppp.dion.ne.jp  
  私も、この「又兵衛さん」と「てったいの又はん」は同じかなあとは思っておるのですが、
実はこの又兵衛さん、「けんげしゃ茶屋」の中では、悪じゃれの過ぎるババのだんさんのてったいで、正月からそうれんのまねごとをするというような
悪事に加担してますね。しっかりしてるのだかなんだか。
この人どういう人なのでしょう。

登場人物のイメージといえば、
先ほどから思い出せなくて気持ち悪くて難儀してるのですが、
喜六?か誰かが、甚兵衛さん?(これも自信なし)の職業を訊ねて、
実は盗人ということがわかり、盗みを手伝わされるという噺
こんなん無かったですか?
これなんかも「えっ!!」と思うんですが。


2100 返信 ↓訂正 伊藤 メール   2001/11/08 06:46
  p0376-ip02osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  >雀三郎さんの「じんじろ」はi-modeでダウンロードできます。
>詳しくは雀三郎さんのサイト、
>http://www5b.biglobe.ne.jp/~jax/link.html

ダウンロードできるのは「出囃子」の「じんじろ」ではなく
桂雀三郎withまんぷくブラザーズの「ヨーデル食べ放題」でした。
すいません、でもこれも着メロにするとウケますよ。

2099 返信 RE:着信音ありませんか。 伊藤 メール   2001/11/07 19:06
  p0115-ip06osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  >れれれのれー様

雀三郎さんの「じんじろ」はi-modeでダウンロードできます。
詳しくは雀三郎さんのサイト、
http://www5b.biglobe.ne.jp/~jax/link.html
をご覧下さい。
それ以外の出囃子は寄席熱目に「出囃子着メロ大全集」があります。
こちらは手打ちになりますが。
http://www.wombat.or.jp/~keita/keitai/CHAKMELO.html

同じ内容を携帯メールにも送りました。
お役に立てれば幸いです。

>荒野獅子さま
>落語の主人公(松本留五郎とか、八五郎・熊五郎など)をフォローする役に
>時々「又さん」なる人物がいますが、彼の本名は一体どういう名
>なんでしょうか?

私も詳しいことはわかりませんが、「手伝いの又兵衛」というのが
そうだと思います。
「てったいのまったはん」として登場しますね。

なお、松本留五郎は「代書」の限定キャラクター、
(枝雀師は洒落みたいな形で「替り目」「茶漬けえんま」の主人公
にもそう名付けてはりましたが)
「八五郎」も「八五郎坊主」ぐらいしか出てこないんちゃうかな?
で、これらの噺には「又はん」は登場しません。

熊五郎と又兵衛の共演(笑)はありそうかな?
すぐには思いつきませんけんど。

いずれにしても「○五郎」という名前は「熊五郎」以外には
上方落語にはあまり出てこない名前だと思います。
(東京落語の方はほとんど知らないのでわかりませんが)
やはり上方落語では喜六・清八のコンビが定番ですよね。

こんなとこで、こちらもお役にたてれば幸いです。

2097 返信 おお〜〜 荒野獅子     2001/11/07 17:53
  max1-ppp26.koga.sannet.ne.jp  
  お玉牛さんのカキコを拝読して思い出しました。
落語の主人公(松本留五郎とか、八五郎・熊五郎など)をフォローする役に時々「又さん」なる人物がいますが、彼の本名は一体どういう名なんでしょうか?


2096 返信 Re ふえ 〜ん くらきっとん     2001/11/07 12:19
  h037210.ppp.dion.ne.jp  
  何があったか知らんけど、おかわいそうに。
まさか、お茶屋あそびがすぎて蔵に閉じ込められたんやないわね。
まあ元気出しなはれ。よしよし。


2095 返信 着信音ありませんか。 れれれのれー     2001/11/07 11:45
  202.221.200.43  
  数年前から楽しみに見てます。現在佐賀に住んでいる40歳男です。
以前から携帯電話の着信音に出囃子が無いか探してるんですが情報
もしくは持っている方いませんか?
できれば形態アドレス kaoru91@dokomo.ne.jpに
送ってください。
よろしくお願いします



2094 返信 留さんあらわる! お玉牛     2001/11/07 11:28
  p0356-ip06osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  ゆうべ茶臼山という山に登ってきて留さんに遭遇しました!

・・・すんません、ちゃんとお話します。
ゆうべ「らくごDEきまる-第2章・天王寺の陣-」に行ってきました。
目当ては「代書」で、どんな演出でしはるんやろと思って
初めての会場、見事に道に迷いながら遭難寸前でたどりつきました。

詳しくは寄席熱目さんの速報版にもうどなたかが書いて
いらっしゃるのでそのとおりです。
アホと代書屋さんとのやりとりだけにポイントを置くのではなく
いろんな人がやってくる代書屋さんの悲劇みたいな感じかな?
(手抜きな報告ですんません)

で、代書屋さんに履歴書を書いてもらいに尋ねてくる男の名は「田中彦治郎」
でしたが、トリの「いらち長屋」に出てくるぼ〜っとした男が
「留」でした!
行き倒れの死体を見たいらちな男が
「こいつ留や!」
「留?・・留五郎さんか留三郎さんかですか?」
「なんや知らん。留!おっ!・・の留や」
枝雀師が「代書」で言うセリフが出てきて、落語ファン心理のツボを
見事に突かれ、もうたまらなかったです。

ゲストの三喬さんの「借家怪談」も可笑しくて、
ほんとすばらしい会でした。

2093 返信 ふえ〜ん お松 メール   2001/11/07 08:53
  cfkok210ds62.fko.mesh.ad.jp  
  国宝の独演会、行かれんようになりました(T_T)

2092 返信 三枝と枝雀2001 へのじぐち     2001/11/07 08:32
  211.4.169.9  
  昨夜、大阪ローカルの夕刊紙を読んでいましたら、桂三枝さんの
「創作落語125撰」に関する記事が載っていました。その中で、
桂三枝さんが昨年3月から「〜125撰」に本格的に取り組み始め
た契機になったことの一つとして桂枝雀さんのことも挙げられてい
ます。また、第1期分のCD・ビデオの内容について“枝雀さんと
競作した「ワニ」”と正確な情報がきちんと記されてあったのでホッ。


2091 返信 レスポンスのお礼 漱石 メール   2001/11/06 23:51
  yahoobb218124006033.bbtec.net  
  管理人さん、とまりさん
早速のレスポンスありがとうございます。
とまりさんの書き込みにあるように、
このサイトは不思議ですね。
何度も訪れたくなります。
(今CDプレイヤーから「不動坊」が流れています。
アルコールとアンコロを間違って屋根の上で
喧嘩をしているところです)
管理人さん、このようなサイトを作って頂き
ただ、感謝感謝です。
「なんでもありま〜す」
「なんでもあるやろうから、そこのノコを
見せちゅうねん」
「なんでもありま〜す」(声が裏返る)
いいですね。このような書き込みをしていると、
枝雀さんが、まだ生きているようです。
イヤ、私の書斎では生きていて、
独演会をしてくれています。
今日も仕事で疲れた頭を冷やすのに、
枝雀さんの落語を聞きながら寝ます。
今日は、松本留五郎さんは休んでいただいて、
八五郎が坊主になる話でもしようかな?

2090 返信 世の中、親切な人だらけ ちりとてちん メール   2001/11/06 23:10
  z211-9-236-248.dialup.wakwak.ne.jp  
 
今日、職場で立花家千橘独演会のチケットを頂きました。
ゲストは、喜味こいしさんです。(あれ?夢路いとしさんは?)
「生の落語は初めて」という後輩を連れて行って来ます。
後輩が、どんな反応を示すか楽しみです。

>伊藤様
J列ゲット、おめでとうございます。
私は、H列です。(あんまり変りませんねぇ)

最近、落語尽いているので、職場でも家庭でも機嫌が良いです。(笑)

2089 返信 見逃してしもた.. たかし メール   2001/11/06 18:30
  150.46.87.101  
  南光さんたち,昨日岡山に来ていたんですね.
見逃してしまいました.

今度,お目にかかれるのはいつなのかしらん...

2088 返信 見逃した!! たかし メール   2001/11/06 18:28
  150.46.87.101  
  岡山に,ざこばさん,南光さんたち,昨日来ていたんですね.
見逃してしまいました.

今度はいつ来るのかしらん...

2087 返信 訂正(追加?) さやか メール HP 2001/11/06 14:03
  z61-115-67-176.dialup.wakwak.ne.jp  
  下のカキコ、
来年の1月の末やったかも……と、
情報ソースが言ってはります。

よろしく。

2086 返信 どなたかご存知ないでしょうか? さやか メール HP 2001/11/06 12:45
  z61-115-67-20.dialup.wakwak.ne.jp  
  11月の末くらいに城陽市で紅雀さんの出る落語会があるらしい
ということを、ふとしたところから耳にしました。
でも、調べてみても全然わかりません。デマかなぁ?
どなたかご存知の方がいらしたら教えてください。

とまりさま
>さやかさんのページ,カワイイ絵がいっぱいで楽しいですね。

ありがとうございます!
うちのサイトの掲示板にも書き込みお待ちしてますね。

2085 返信 今日のなにわは寒おます。 くらきっとん     2001/11/06 12:42
  e165158.ppp.dion.ne.jp  
  木枯らし吹いてます。
管理人さま、熱燗がうまい季節ですなあ。

昨日のNHK「きょうの料理」の感想
南光師匠も面白いけれど、奥村先生は面白い人ですねえ、
料理研究家にしとくのはもったいないですねえ。
南光師匠のツッコミに必ず切り返してはりました。
素人が面白いと、玄人はやりにくいでしょうなあ。
顔見世興業かなんかで趣向でおせち料理漫談かなんかできんやろか。
しかし南光師匠の包丁さばきおみごとでした。
今日もあります。

お松さん、もうすぐですねえ、いいですねえ、米朝師匠。


2084 返信 「落語は昔から情報文化だった」 猿丸太夫     2001/11/06 11:46
  p2243-ipad13osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
   今世紀中の三代目襲名はないかもしれないので「百年後の落語界にも桂枝雀
という芸名の噺家がおったらエエなぁ」と思いをはせるのが、せめてもの男の
マロン、胴長嘆息。ひるがえって「百年前の落語は?」→桂都丸さんと大森一
樹監督との対談「落語は昔から情報文化だった」が11月30日(金)の午後3時
10分〜4時40分に大阪電気通信大学・四条畷キャンパス6号館208号教室で
行われます。受講料無料ですが、前日までに申し込む必要があるそうです。
電話:072−876−3317、FAX:072−876−3321
大阪電気通信大学・四条畷事務室まで。


2083 返信 いらっしゃいませ>漱石さま 伊藤@管理人 メール   2001/11/06 11:02
  p0348-ip02osakakita.osaka.ocn.ne.jp  
  いらっしゃい、いらっしゃい、なんでもありま〜す!

不在がちの管理人ですが、しっかりしたお留守番の方に
助けられてやってます、どうぞよろしゅう。

>ちりとてちんさま
「プラチナチケット」ゲットおめでとうございます。
私は発売当日の11時ごろぴあに電話したらJ列でした。
大きなサンケイホールですからW列とかだったら
双眼鏡持っていかなあかんなぁ・・ヤだなあ・・と
思ってましたが、そこそこの場所でほっとしました。

また恒例の枝雀一門会も年始早々あちこちで開かれます。
「活動予定」が参考になれば幸いです。

米朝師の「私の履歴書」面白いですね。
私は徒歩10分の図書館で新聞をコピーすることにいたしました。
以前親切なお方にいただいた1995年33号「落語」の
「桂米朝聞き書き(聞き手:小佐田定雄氏)」
記事のコピーと読み比べながら楽しんでいます。

2081 返信 プラチナ・チケット ちりとてちん メール   2001/11/05 22:37
  z211-9-239-250.dialup.wakwak.ne.jp  
  職場にて、
「ちりチャ〜ン。エエもんあげるわ。はい。」
おぉ!こ、これは国宝独演会のチケットではござらぬか。
「あげるわ」ちゅーことは、頼んでいたけど、贈呈してもらえるのかと
一瞬期待したら、
「お金は、いつでもエエよ〜。」
・・・なんや、やっぱり払わなアカンねんな。

只今、パソコンの横にチケットを置いてニタニタしてます。